たくあん食堂

先月の事ですが、ずっと行きたかった!食べたかったささたくやさんのローフード料理を食べてきました。

マーマーマガジンでもおなじみのささたくやさん。
この本で存在を知り、出てくる写真の料理がとってもきれいでいつか食べてみたいな~と思ってようやく念願叶って食することができました。

シチュエーションは2年ぶりの再会のインドYOGA仲間と共に。
ささたくやさんが丁寧に作られたシェアハウスの中。

冬瓜の薄切りが巻かれています。
a0226637_21384723.jpg


顔が作られていてかわいい☆
フラックスシードのサンドが美味しかった~
a0226637_21395627.jpg


ごぼうのショコラ
塩見が効いててこれも絶品!美味しかった~
a0226637_2141287.jpg


りんごの甘酒おかゆ
a0226637_21415826.jpg


消しゴム判子で作ったというTABI食堂のロゴ
a0226637_21434520.jpg



私自身はお肉やお魚などは匂いなどで食べれない事はあったりするものの、時々ジャンクな物も食べますがまだまだどんな物が自分の体に合っているのかは模索しているところでもあります。

もちろん体はその時々で調子は違いますし、感覚の話ではありますが波動が上がっている中で今までのものと波動が合わなくなってきているとも言えますし、浄化の過程で自分の感情と対峙してしまった際はその次元に合う一般的に言う低めの、粗めの波動の食べ物を呼んでしまいますし。

普通に和食を食べるのが今はしっくりきているのと、安定して腹八分目?七分目?
小食人間。低燃費な人間を目指して。

ずっとローフードというくくりの物を食べてみたかった?欲していた?
食べてすぐに体が発酵しているみたいに体中熱くなりました!
初めてマクロビを食べた時とはまた違って、強烈な微生物パンチ!というかとにかく熱い!

まるで鍼灸をしたようなエネルギーの回りよう!

これなら体温上がるはずだ~と思いつつ。
陰陽で考えた場合は葉っぱが多いので単純に陰性の物が多いようです。

日本は発酵文化の食の歴史。

まずはお米をしっかりよく噛んで食べる事ですね。
最近はタニタ食堂ではないですが30~50回噛むようになるべく意識しています。

それだけでとっても瞑想的です。


一つの物を食べるまでどれだけの年月がかかっているか、野菜を作るようになってよりしみます。
そう考えたら自然と感謝の気持ちは生まれます。

それは食べ物だけではなく生活用品、色々なものあらゆるものに過程があって思いがあって。
買うもの一つ一つ簡単に捨てられなくなるし、簡単に買えなくなりますしね。
と、色々と連鎖しているので繋がり合って話も広がってしまいましたが。

美味しく、楽しく食べるのがなによりです。
とっても素敵な氣の届いた空間での食事でした。
御馳走さまでした~
a0226637_2295782.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2013-10-10 21:29 | | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31