アーティストのコラボ

西日暮里 HIGURE のUnder ground galleryにてアーティストクロッシングとしてのコラボ。

三味線のきょうこさん
舞踏の金さん、まいちゃん
壁面展示のいけぶんさん
インド古典音楽は奈々

舞踏の金さんはテーマが『月』で、ドビュッシーの月光をもとに舞う予定でした。

しかし、、、、音が途中で切れました。

神様からそれぞれで表現するのではなく、3人、4人で協力しなさい、融合しなさい。
と言われているようでした。

三味線のきょうこさんの音と、私のタンプーリの音で、自然と交わり融合。

何かが始まりました。
今後の皆んなとのクリエイトの展開が楽しみです。
きっと美しい祈りのエネルギーになることと思います。

a0226637_20192801.jpg
a0226637_20195173.jpg
a0226637_20201942.jpg
a0226637_20203476.jpg
a0226637_20205747.jpg
a0226637_20211349.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-28 22:09 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

アトムCSタワー

6月9日(金)にドゥルパドライブの会場となる新橋アトムCSタワーさんの下見に来ました。

黒装束のスタッフの皆様がお出迎えしていただきました。

こちらではシンクロが起きまくりの場所で非常にいいエネルギー。

ちょうど麻展、うさとの服展を開催していました。
清々しく美しいです。

そしてその日はアイヌのマキコさんのコーヒーと刺繍教室。お父様のはるぞうさん?だったかな。サンタさんみたい。

6月9日当日
歌い手 shree
パカワジ カネコテツヤ

皆様Dhurpad Melaにも出演されてます。

私は今回サポーターとしてタンプーラの演奏です。
素晴らしい音の時間となる事でしょう。
a0226637_20105929.jpg

a0226637_20121956.jpg

a0226637_20124226.jpg

a0226637_20125565.jpg

a0226637_20130902.jpg

a0226637_20132196.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-03-10 20:03 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

Dhurpad Mela 2017

インド ヴァナーラシーに6年振りに来ました。

日本人ティーチャーのShreeさんとインドのグルジ リトウィック・サンニャル氏が出演します。

4日間オールナイトライブです。
私は実際2日のオールナイトライブ

昼間も結局ここぞとばかりに活動してしまい、なんだか不思議なテンションのまま過ごしてました。

ベナレス滞在が4日間とタイトスケジュールにも関わらず、Shreeさんの好意でグルジの個人レッスンを受けることが出来ました。
すごく良かった。
全然朝のマントラサーダナが進まないので、今回をきっかけにまた音の日々に集中出来そうです。

なおさんやようこさんのタンプーラのサポートも素敵でした。

a0226637_00364412.jpg

a0226637_00372351.jpg

a0226637_00374628.jpg

a0226637_00361469.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-02-28 00:24 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

音のyoga

すずきなおさん ドゥルパド
池田絢子さん タブラ

お二人による素敵なライブがありました。

なおさんの明るく華のある人柄と、絢子さんのタブラに触れている時の楽しそうな感じ。

演奏する側も、聴く側も
ただそこには喜びがあるだけです。
a0226637_12092672.jpg

a0226637_12094628.jpg

a0226637_12100113.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2016-11-03 12:08 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

モーシン アリ カーン

インド古典音楽漬けの日々です。

インド音楽 カヤール歌手、モーシン先生のレッスン。

私は普段北インド古典音楽ドゥルパドを学んでいますが、カヤールとは現代古典音楽と表されます。

どちらも古典音楽であることに違いはないですが、法則が少し違ったり、やはりバイヴレーションも違います。
カヤールを学んだことはドゥルパドをより深く知ることになり私にとっては普段理解が?だった部分も復習の場にもなり色々クリアになり非常に良き時間となりました。

音楽に国境はない、です。

三宅洋平さんが「All music is good」と表現されてましたが、本当にそうだと思うし、ただ一つ一つがバイヴレーションとして捉えた時にどんな表現が好みか?ということ。

レゲエにヤーマンという表現があるみたいですが、北インド古典音楽ドゥルパドにはヤマンという一つのラーガ(旋律)の表現があります。

色々と繋がりありますね。

私はやっぱりドゥルパドが好き。
微細なエネルギーの中に浸ることそのものが喜びです。

モーシン先生は28歳ですが、音楽一家に生まれた、神童。だと思いました。
すでに芸歴20年。

ライブ素晴らしかったです。
a0226637_09330354.jpg

a0226637_09334684.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2016-10-13 09:21 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

東京ドゥルパド講座&live

声楽家Pt. Ritwik Sanyal によりインド音楽の哲学
9月30日(金)18時〜開場
18時半〜開演

入場無料

場所 東京音楽大学A200室

是非ともこの機会にご参加下さい。

今回のドゥルパド・キャンプで音はSearching wayだと教えてくれました。

以下詳細
http://www.minken1975.com/kouza_exhibition/20160930.html

a0226637_10150040.png

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2016-09-29 10:08 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

彼岸、秋分の連休に合わせて無事に声楽家Pt.リトウィック・サニュエル氏のドゥルパド・キャンプが終わりました。

毎日朝4時に起きてアーラープから始まり夕方までみっちり1日5本のクラスをこなす。

集まった人々との出会い、正確には魂の喜びの再会。

5日間、毎日毎日音に浸り続けて幸せでした。

レッスンの内容としては一年分。
凝縮していてこれから自分の中に落とし込んでいく時間がまたたまらなく幸せなんです。


色々なことしているのもあり、音のことを深める時間がかなりマイペースでしたが、これを機にまた加速しそうです。


音の響きの中の延長にいて上手く言葉では表せない。
皆んなでシェア出来た事も嬉しいこと。

a0226637_02163156.jpeg

腰の凝りをほぐすサニュエル氏
a0226637_02171972.jpeg

大学教授のような私の日本のドゥルパドの師shreeさん
a0226637_02182320.jpeg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2016-09-27 01:57 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

子供達へインドの歌

5月末日、新潟を離れる最後のお別れに、学童の子ども達にインド音楽の歌を。
健康と幸せを祈り歌いました。

いつもは子どもらしく元気いっぱい、とてもうるさい(失礼)おしゃべりが絶えない彼らですが、この時ばかりは珍しさもあってかとっても静かに耳を傾けてくれました。

ガネーシャやクリシュナの神様の絵を見せると皆んな興味津々です。

この日は学校のそばでキリストの団体の方がキリストの神の教えの冊子を配っていた事もあり宗教day。
神様dayとなりました。

a0226637_22581565.jpeg

a0226637_22584109.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2016-06-07 22:50 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

結婚式での歌

知人の結婚式にて再び北インド古典音楽、バジャンやマントラ、ラーガの調べでライブの機会でした。

a0226637_07333241.jpg

場所は鳥屋野カーブドッチさんでした。
a0226637_07334715.jpg

アットホームな素敵な結婚式、お二人とも末長くお幸せに☆

a0226637_07354288.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2015-09-23 21:12 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

無事おやひこさまに奉納演奏終わりました。

全身全霊で捧げました。

その日は1日雨のち曇りの予報。
途中昼頃に強めの雨。

雨は慈愛の雨となり森を潤してくれました。

13日当日はアフリカで日食、そして乙女座の新月。
新しいエネルギーの流れとなりました。
スタート

a0226637_13530995.jpg
a0226637_13533783.jpg

東インド舞踊オリッシーのみなさんとキールタンのチームのみなさんとインド仲間で写真撮影。

a0226637_13544847.jpg

懇親会の締めは宮司さんが作った絶品チャーハン。ご馳走様でした。
a0226637_13563492.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2015-09-18 13:48 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

every moment is special time