カテゴリ:緑( 4 )

草木と人間

先日奈良の三輪山へ行った際、帰りに和歌山の南高梅を購入しました。



中々漬ける時間がなかったのですが、ようやく南高梅と、庭仕事の帰りにいただいた世田谷の梅と杏でジャムを作りました。
時間なくて、1週間経って作ったのですが、びっくりしたのは南高梅は腐りかけていて、一部の梅だけを使用しました。
世田谷の梅と杏はしっかりしていて鮮度を保っていました。


出来上がりも少し違いました。



この体感する事の事実は、場所じゃなくて、人がどれだけ草木に愛を注いだかだと私なりに感じて、改めて痛感しました。

世田谷の梅はそこに携わる人が長年愛してきて、
無農薬にプラスして本当の物としてのいでたちというか、ハッとしたのです。


何故「痛感」と表現したかは、先日新潟での若杉ばあちゃんの料理教室で新潟県内のとある場所の野草を摘みました。

その時、参加者で福島から新潟に移住されている方が、野草を摘む予定の場所は新潟県内の中でも線量が高い、と情報を下さいました。

関わってくれているスタッフと話し合い結局予定通りに野草摘みしました。
皆んな今やどこにいても一緒だと理解しているからです。


情報をくれた方にも色々説明しました。相手の方の心情や活動なども知っているので出来る限り気持ちに寄り添いたいと思いました。


全部は理解されなかったと思いますが、物質を超えた感覚は自分で養う他なく、非常に難しいです。



福島の問題はすごくデリケートで難しいです。


私がご縁あった畑は都内の草木や野菜達です。
単純に風向きや場所の条件で言えば放射能も電磁波も人のネガティヴなエネルギーも強い都内です。



だけど、心を込めて接してもらえている草木も変容していく事の事実を時間が経ってから作業することが出来た梅杏ジャムが教えてくれました。



まるでナウシカのふかいの森の植物みたいです。



写真は世田谷の畑
廃校のあとち

a0226637_23505600.jpg
a0226637_23512982.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-07-08 23:41 | | Comments(0)

野草酵素ジュース

久しぶりに酵素ジュースを作りました。

去年は移住により環境の変化などで、全く大地と触れる時間を作れなかったので、取り戻すように草花に触れてます。

初夏の野草酵素ジュースミックス。


世田谷の草花達。


びわ、梅、杏、レモンバーム、ハニーサックル、ヨモギ、笹、ドクダミ、チェリー、桑の実、紫蘇、


あと、何入れたっけな。

数種類が入ってます。


初めて酵素ジュース作った時は、発酵しなくて悲しかったです。

分量が違ったかもしれないし、原因は分かりません。


自分の成熟度とリンクしていたりして。

などなど。


a0226637_21441522.jpg


時計草が美しく花開いてました。

a0226637_21444426.jpg


a0226637_21450725.jpg


都会でこんな風に懸命に生きている草花達。

私達が見ようと見まいと、ただそこに生命エネルギーを放ってます。


人間もそのように存在していたら皆んなが認めあって穏やかですよね。

平和な星になるし、愛に満ちた世界で生活出来ますね。


a0226637_21484397.jpg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-05-28 21:37 | | Comments(0)

たけのこと桜

神奈川県秦野市まで行ってきました。

たけのこ取り、桜を塩漬け。

関東生活しながら街に緑を増やす行為をしていきたいなと。
どうしたら乾燥せず、街にいながら潤いのある緑と科学と人が共存できるか、そのバランスを感じていきたいです。
クリエイトをする1人になっていくしか、私達の地上の天国を作ることは出来ません。

人は緑に向かって放電しないと、ビルと人のエネルギー循環だけではストレスフルになるのは言うまでもなく。

緑はいつも受け止めてくれます。
私達の悲しみも喜びも。

しゃか風穴を吹かせたいですね。

a0226637_19554793.jpg

ピンクの桜に包まれると気持ちも丸くなります。
女性達が桜のピンクに触れている行為は美しい。
ちなみにショッキングピンクは愛のカラー。
つまり神。

a0226637_19560075.jpg
a0226637_19574938.jpg
a0226637_19580609.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-24 19:51 | | Comments(0)

都会の中で野良仕事

去年東京に移住してから味噌作りも梅作りも、大地に触れる時間も作れず、もどかしい日々。

だんだんストレスが溜まってきてました。

仕事で関わっている子ども達がストレス溜まって室内で暴れている状態は、そのまま大人にも。

今は私は仕事で赤ちゃんと接してます。
散々泣いている赤ちゃんが外の風に触れるだけで泣き止み、上機嫌に。
赤ちゃん達は一番よく分かっていますよね。
循環していないエネルギーの状態を。

で、念願の都会の中で野良仕事の実践がようやく実現しました。
長靴履いて、カッパ着て、野良着で都内の電車をうろちょろしたかったんです。

世田谷ものつくり学校にて緑の花壇作り。
『悲しみを放つ野が街にはない』と、花生けをされている塚田さんの言葉。

私も刺さりました。

悲しみも喜びも受け止めてくれる緑の場を形にする作業。

先日からシンクロ次第た石田紀佳さんと皆さんと、目を草花で作りました。

天気も良くよい一日。
大地に触れて自分も機嫌が良いです。
目の形、分かります?

a0226637_10435721.jpg

a0226637_10442736.jpg

涙腺の位置にパピルス
a0226637_10444249.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-15 10:20 | | Comments(0)

every moment is special time