<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

再び前回できなかったこと、というか訪れたかった都市、バラナシ。

ここは世界的な聖地でもあり、ヒンドゥー教最大の聖地でもあります。

ガンガー沿いの街はものすごくひしめき合っていて、細い路地には牛の糞やら何やらで歩く時は注意が必要。

インドの沢山の都市を見て周っているわけではないけど、最初はその狭さと汚さにさすがに参った。
なんていうか田舎の汚さと都会の汚さって違いますよね。そんな感じ?
路地の写真は撮り忘れたけど。
a0226637_20133737.jpg

ゲストハウスの上からみた景色は家がひしめき合っていて東京みたいだ!と思いました。
a0226637_20153223.jpg


だけど人ってすごいもので慣れてしまうものですね。数日の滞在でだんだん気にならなくなっていった。
気にしようよ~とつっこみが入りそうですが^^; 郷に入れば郷に従えです。

ガンガーでは毎朝早くから沐浴している人が沢山います。
a0226637_2019332.jpg


a0226637_20202229.jpg


a0226637_2021576.jpg


そんなバラナシで事件は起きました。

事件の起きる前の朝日。
a0226637_2123796.jpg


早朝からゲストハウスの屋上でガンガーを眺めながら気持ちよくYOGAを行っていたところ徐々にこの辺りをテリトリーにしている猿の集団があちこちからやってきました。

屋上には数名の人がいたのですが、何度か猿たち威嚇してきて時にはどこかから洗濯物を取ってきたり。。。

それでも私ともう一人の友人はYOGAを続けて、すると子ザルが数匹近くに寄ってきました。

その時です!後ろからものすごい勢いで(おそらく親)猿が突進してきたではありませんか!!!!

そして服の上からガブリ!!。。。。。。。。。。。。。。。。。。。声にならず追い払う事もできず、周りの人たちに追い払ってもらい。

痛いーーーーー。


歯が貫通した訳ではないけれど赤く腫れて痛みもあり、それにも関らず私の頭の中には病院の文字はなくその日行く予定にしていたマザーベビースクールのスタッフに何気なく猿に噛まれた事を伝えたところ、
「病院に行った方がいい。」と即答されました。

早速サイクルりクシャーという三輪の後ろをふたりがけの座席になった自転車に乗って颯爽と
a0226637_20403665.jpg


海外でしかもインドで病院にくるとは思いも寄らず。

早速病院に着き周りにびっしりと待たれている患者さん達を横目に診察室へ。

診察室へ入ったと同時に医師は現れ、薬を買ってくるよう指示され早速隣の薬局へ。

薬局でならぶsugar boyのお兄ちゃん。
a0226637_2153376.jpg


a0226637_2161786.jpg


そして注射を2本肩のすぐ下あたりの二の腕に。プスッ。

思わず目をつぶったけどあっという間に完了。

診察代を支払いその場を後にしたのでした。

その後ものすごい睡魔が襲い夜には腫れも引き背中を気にする事もなく眠りにつくことができました。

毎回何かあるインドだけど、今回は猿に噛まれるとは。。。

なかなか貴重な体験でした。

バラナシの病院
a0226637_21204129.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2011-11-28 21:27 | インドの旅 | Comments(0)

インドの旅2

滞在した日時は順不同で思いつくままつづっていますが、インドは2回目ということで、今回のインドも目的はYOGA。

前回やりそびれた事、買いそびれたもろもろをやろうという目的もありました。

その一つがラフティング。

首都デリーより車で7時間ほどの街、リシケシ。

今回1ヶ月ほどを過ごした場所。

YOGAのコースが無事に終わって、リラックスしていざガンジス川へ。
今回挑戦してみたコースは27kmを下るコース。
20歳のインド人カップルと一緒に、そして船頭さんのインド人とネパール人のお兄ちゃん達二人。

a0226637_198442.jpg


a0226637_19105816.jpg


a0226637_19133619.jpg


リシケシのガンガーは上流の方にあるのできれいです。

a0226637_19155978.jpg


こんな風にあっちでもこっちでもドボン!水は冷たいです。でも気持ちいいです!


そして一番びっくりしたのが、ガンジス川の傍にラフティング用サービスエリアがあったこと!!!

ここでは冷えた体を温めるべく、チャイやインド風焼きそば、といった軽食が食べれます。
a0226637_1920688.jpg


a0226637_1921367.jpg


a0226637_192218.jpg


お腹も満足したところでいざボートに乗ってあとどれぐらいの距離があるのだろう?と思ったのもつかの間、サービスエリアからわずか5分もたたずしてfinish!

最後はあっけなかった。。。

でもガンガーに入って身も心も浄化浄化。

エキサイティングな一日でした。
a0226637_19274358.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2011-11-28 19:28 | インドの旅 | Comments(0)

インドの旅1

インドのバラナシでネパール系のレストランに入った時のこと。

その時私はトゥクパと言って、ネパールで言ううどんのようなラーメンのようなヌードルを食べました。

出されたお皿と一緒に付いてきたフォークで食べていたのだけど、すぐにそこの店員さんが気づいてお箸は必要か尋ねられました。

よく気づいたな~と、まるで日本人のような心配りに感動したのでありました。

やっぱり同じアジア圏で似たような食文化のルーツがあるからでしょうか?
お箸が必要か気づけたお兄さんの気持ちに感謝。


また別の機会にそのレストランに行った際はシズラー(スペル忘れました)という鉄板でジュウジュウの熱々で出される料理を頼みました。

私が頼んだのは野菜と、パニール(カッテージチーズのようなもの)、そしてライスの上に適度に味付けされたソースがかけられている品。

かなりのお気に入りでもう少し長く滞在していたら確実に何度も注文していた一品。
a0226637_16355343.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2011-11-27 16:34 | インドの旅 | Comments(0)

最近はおばあちゃんと過ごす日が多いです。

水槽におもむろに塩を入れるおばあちゃん。「何してるの??」と驚く私。
「塩を入れると金魚が病気しないんだ。」とその一言で納得。

塩はとり過ぎても毒だし、取らなさすぎも体によくない。

何事も塩梅が大事です。

人生も同じような事が言えるかも。


何事も塩梅。
a0226637_1564498.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2011-11-26 15:04 | 日常 | Comments(0)

弥彦へ

おばあちゃんと弥彦神社へ。

このあたりの名物カレー豆を購入しようとしたら人気で次の豆が出来上がるまで30分待ち。

ようやくほくほくの出来たてのカレー豆を手にして帰路へ。
a0226637_19563249.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2011-11-23 19:50 | 日常 | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30