おむすびプロジェクト

上野公園にてホームレスの方達へ
「おむすびプロジェクト」と題しておむすびを配りました。
一緒に配ったメンバーは現在無職だったりしますが、それでもセバ(奉仕)をする姿勢が素敵です。

「昼間は皆んな外に出ているよ!」と、教えてくれたので一升分のお米のおむすびは公園内にいたわずな人数の方々へ配りました。

15日の日曜日、日本海側からの寒波の影響か東京もかなり冷え込んでます。

鉄火味噌としぐれ味噌の間の子みたいな代物をおむすびの具にして、水筒に入れた豆味噌と麦味噌のお味噌汁を配って少しでも暖まるように。

きっかけは地元の新潟から送られてきたお米を消化しきれない内に新米が届いた去年の秋の事。このお米をどうしよう?と思い、御飯に困っている人がいたらそこで使ったらいいと。

もし外食が多い人がいたとしてそのうち一回分の食事代を仕事帰りにワンセバする。もしそんな人のアクションで溢れかえったら彼らはむしろ食べきれない量の食事にありつけるかもしれないし、
人の交流が生まれて、働こうという気持ちになり働き口も見つかるかもしれない。と、妄想してみたり。

たまたま出会った方々はオープンで優しい人達が多かったので、つい「公園に住んでる方ですか?」「おむすび配っているんですけど。」とダイレクトに聞いて話しかけてましたが、中には繊細な方もいたので「公園に住んでる方ですか?」という言葉に激しく反応した方もいて話しかけ方も少し気をつけないとなと反省しました。

上野公園に住んで5年くらいになるおじちゃまが
「今の子ども達は100円もらっても嬉しくないみたいだけど、俺たちは100円あればマックでコーヒー買って中で暖まることが出来るんだ。」と話していました。

そのひ夜は一段と冷え込むのでおじちゃま達も少しでも暖かく過ごせたらと祈ります。

ホームレスの方々、それらしき人を探しながら公園内を散策する途中で神社を参拝してみたり、アーティストさんのパフォーマンスを堪能してみたり、梅が咲いてる様子を眺めながら、かなり楽しくセバすることが出来た時間となりました。
a0226637_12452271.jpg
a0226637_12454786.jpg
a0226637_12462661.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-01-20 12:44 | セヴァ(奉仕) | Comments(0)

謹賀新年2017年

あけましておめでとうございます。

2016年は自分にとっても大きく変化し飛躍した年となりました。
全ての方面に対してやり切りました。
生命を謳歌するとはこういうことか、と思えました。

2017年も引き続き自分の内なる源泉(source)、インスピレーションに従ってどのような状況下でも喜びを感じられる素晴らしい日々を過ごしていきたいと思います。

今年は酉年。
年女です。

年末年始はお寺で茶道の奉仕をしてスタートした2017年になりました。

もっと奉仕のアクションしていく年になりそうです。

小さなサポートから大きな活動まで様々あると思います。

ニワトリじゃなくて鳳凰
a0226637_23175093.jpg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-01-02 23:00 | 日常 | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31