クリシュナの歌

今回HIGUREで歌ったインドの歌はクリシュナの歌。

この歌を歌うにあたり知人に絵を描いてもらいました。
おかげ様で言葉の説明だけではなく視覚からのアプローチが出来て早いです。

今回初めてお披露目。

クリシュナの歌のお話を聞いている時の大人はまるで子どものようにキラキラして引き込まれているのです。

a0226637_20322792.jpg
a0226637_20324054.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-29 20:24 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

アーティストのコラボ

西日暮里 HIGURE のUnder ground galleryにてアーティストクロッシングとしてのコラボ。

三味線のきょうこさん
舞踏の金さん、まいちゃん
壁面展示のいけぶんさん
インド古典音楽は奈々

舞踏の金さんはテーマが『月』で、ドビュッシーの月光をもとに舞う予定でした。

しかし、、、、音が途中で切れました。

神様からそれぞれで表現するのではなく、3人、4人で協力しなさい、融合しなさい。
と言われているようでした。

三味線のきょうこさんの音と、私のタンプーリの音で、自然と交わり融合。

何かが始まりました。
今後の皆んなとのクリエイトの展開が楽しみです。
きっと美しい祈りのエネルギーになることと思います。

a0226637_20192801.jpg
a0226637_20195173.jpg
a0226637_20201942.jpg
a0226637_20203476.jpg
a0226637_20205747.jpg
a0226637_20211349.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-28 22:09 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

たけのこと桜

神奈川県秦野市まで行ってきました。

たけのこ取り、桜を塩漬け。

関東生活しながら街に緑を増やす行為をしていきたいなと。
どうしたら乾燥せず、街にいながら潤いのある緑と科学と人が共存できるか、そのバランスを感じていきたいです。
クリエイトをする1人になっていくしか、私達の地上の天国を作ることは出来ません。

人は緑に向かって放電しないと、ビルと人のエネルギー循環だけではストレスフルになるのは言うまでもなく。

緑はいつも受け止めてくれます。
私達の悲しみも喜びも。

しゃか風穴を吹かせたいですね。

a0226637_19554793.jpg

ピンクの桜に包まれると気持ちも丸くなります。
女性達が桜のピンクに触れている行為は美しい。
ちなみにショッキングピンクは愛のカラー。
つまり神。

a0226637_19560075.jpg
a0226637_19574938.jpg
a0226637_19580609.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-24 19:51 | | Comments(0)

大阪にいたタイミングで野口さんの種の話しを聞きました。


・小粒納豆は放射線によって調整されていること

・野口さんは手塚治虫プロダクションに所属していた!

・現在のサカタの種やタキイの種での流行りは『雄性不稔』の種。
これは男性不妊、ということです。
結局アンバランスな為不安定。

某種会社のキャベツ畑にサルが入りました。
植物達は雄性不稔のかたわの形になっていても健全に戻ろうとして、雌しべ雄しべをつけて成長してくものもあります。
そんな畑に入ったサルは雄性不稔のキャベツを残して、健全なキャベツだけ食べていったそうです。

私達はスーパーで売られている雄性不稔の種の野菜を食べ続けているわけで、そのような物を食べ続けていたら私達人間はどうなるでしょうか?

野口さんはうちから種を買ったら、自分で繋いでいき、2度と買わないように、と。
それぐらい皆んなで種を守る必要があります。

東京では6月3日に講演会を開催するそうです。
サイエンス満載、大学の講義を聞いているようでした。
a0226637_10181382.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-23 09:59 | | Comments(0)

お金のエネルギーと向き合っていました。
フィリス・クリスタル療法で『お金』のシンボルをカッティングする儀式を行いました。

いつも儀式をするまでの準備期間がdeepな内観時間となります。
しかし今回は3月末にカッティングしたお金のエネルギーとむしろカッティングごずっと向き合い続けてます。
まだまだ向き合います。
色々と出るわ出るわ。お金に付随した自分の感情が。他の人から見せられる場合もあります。

1つ1つ向き合ってクリアにしてます。

そこで行き着いたのが、高坂勝さんの本
『Re 次の時代を先に生きる』です。

切れ味バツグンの内容でした。
経済から生活していく半農半Xの内容。

そして、池袋に週4日でBarを営業しているので早速行ってみました。
必要以上に儲けない。をベースにして儲かったら営業日数を少なくして今の週4日の営業になったそうです。

オーガニックBarって少ないですからね。
非常に貴重なお店だと思います。
でも来年2018年の3月でこの13年続けたお店を閉じるそうです。
シフトですね。

最後に残った私達に高坂さんが歌を歌ってくださいました。
またお店に来たいと思います。

a0226637_23353830.jpg

千葉の匝瑳市で作られたお野菜
a0226637_23355653.jpg

寺田本家のむすひ
a0226637_23364857.jpg
高坂さんの歌
a0226637_23370548.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-18 23:23 | 日常 | Comments(0)

都会の中で野良仕事

去年東京に移住してから味噌作りも梅作りも、大地に触れる時間も作れず、もどかしい日々。

だんだんストレスが溜まってきてました。

仕事で関わっている子ども達がストレス溜まって室内で暴れている状態は、そのまま大人にも。

今は私は仕事で赤ちゃんと接してます。
散々泣いている赤ちゃんが外の風に触れるだけで泣き止み、上機嫌に。
赤ちゃん達は一番よく分かっていますよね。
循環していないエネルギーの状態を。

で、念願の都会の中で野良仕事の実践がようやく実現しました。
長靴履いて、カッパ着て、野良着で都内の電車をうろちょろしたかったんです。

世田谷ものつくり学校にて緑の花壇作り。
『悲しみを放つ野が街にはない』と、花生けをされている塚田さんの言葉。

私も刺さりました。

悲しみも喜びも受け止めてくれる緑の場を形にする作業。

先日からシンクロ次第た石田紀佳さんと皆さんと、目を草花で作りました。

天気も良くよい一日。
大地に触れて自分も機嫌が良いです。
目の形、分かります?

a0226637_10435721.jpg

a0226637_10442736.jpg

涙腺の位置にパピルス
a0226637_10444249.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-15 10:20 | | Comments(0)

新潟での献茶式

久しぶりの新潟
都内の電磁波ワールドから抜けて、緩む時間。
と、思いきや早朝から1日立ち仕事でのお茶の席。

裏千家の家元が訪れて新潟、白山神社で神にお茶を捧げる儀式。

私の先生が今回は亭主を務めるお茶席でした。

春の山と題された、うつくしお菓子
a0226637_00023179.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-11 21:13 | イベント | Comments(0)

これから

昨日スワミの講話を載せたように、もっと自分自身も霊性さを深める為に、それを波紋のように、繋がりあっている方とシェアしていく必要があります。
このブログでも時々シェアしていこうと思います。

皆んな共に生きて、共に成長し合ってます。
一緒に学び合っていく感覚、最初にYogaのクラスを始めた時から変わらない。

これは神でこれは神じゃない?

全て神です。

怒りを引き出す人も、喜びを共にする人も、行く道をすれ違う人も。
ビルも、放射能も、犬も魚も、草木も、家も、全て。

せっかく志しが高くて集まっても、分裂するのはどうしてでしょう?
何かをきっかけにカルマが噴出するから。
1人が一皮剥けると、波紋のように作用して互いに影響を与えます。


a0226637_11392806.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-09 11:34 | 心・魂・身体 | Comments(0)

御講話

sri sathyasai babaさんの言葉のシェアを。
本当のところは誰々の言葉とか、印ろう掲げたくないです。
神性とは名詞じゃないから。
誰のハートにもあるもの。
それに気づいたり引き出せるのは最終的にそれぞれの魂です。


アーナンダ ヴァヒニ  2017年3月23日
    ーシュリ マドゥスーダン  ナイドゥ

『インナー ビュー』
ー急ぎなさい!ー

日本訪問の最終日(2017年3月20日)、スワミは、桜を見に行くために若い男性の運転で移動していらっしゃった時、太平洋をご覧になって「これは日本とアメリカの間の海です!」とおっしゃいました。
運転手が、「はい、スワミ!実際、日本の下田港は1800年代にアメリカ人が上陸した最初の港です。アメリカ人は太平洋で捕鯨していたので、保管の場所が必要でした。そのため彼らは日本のこの沿岸に上陸したのです。」


スワミは、「貪欲さから海のかわいそうな生き物を獲るのは良くありません。日本人までも多くの魚たちを獲っています」とおっしゃいました。

運転手が尋ねました。
「スワミ、日本の過度の漁業は、日本の人々に問題をもたらすのでしょうか?」

「もちろんそうです。貪欲さのために罪のない生き物に危害を加えるなら、それによって生じたカルマが戻ってきます」


「その解決策は何でしょうか、スワミ?」

「霊性さがその解決策です。太古からの日本文化、さらに言えば全ての太古からの文化は、『神への信仰』、自然への畏敬の念、同朋への愛に基づいていました。彼らはあらゆるものが神であることを知っていたからです。私たちは太古の日本の文化を取り戻さなければいけません。年齢を重ねた世代は簡単に変わることは出来ませんが、このことを若い世代に教えれば変容が起こります。それによってしかこの国の人々を救うことは出来ません。」

運転手は「スワミ!出来るだけ早く人々を助けられるように、すぐにそうしたいと思います。」と、言いました。

スワミは間髪入れずに、「私がこれほど急いでいるのは、そのためではありませんか?」
とおっしゃいました。

出来るだけ多くの人を出来るだけ早く救う為に、たいそう急いでいらっしゃいます。
それは時代が変わりつつあるからです。スワミは、日本の帰依者たちに対する朝のご講話の中で、「時代の変化に伴って変化しない人々は、新しい時代の中で居場所がなくなってしまいます。彼らは何らかの理由で去って行かなければなりません」と警告を発されました。

a0226637_23345116.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-08 23:04 | 心・魂・身体 | Comments(0)

世界で一番美しい村

ネパールの地震が起きてから現地に入った石川梵監督。

カメラマンだけどもどうしてもネパールの現状を知って欲しいと映画を撮られたそうです。

4月7日が最終日と情報が入って行ってきました。

東京では4月18日の夜の時間に一回だけ再演するようです。
見に行きたかったけど行けなかった方は是非。

a0226637_19562597.jpg

東北出身のはなおと、エンディングを歌っています。
a0226637_19565895.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-07 19:46 | 日常 | Comments(0)

every moment is special time