Dhrupadの奇跡 コンサート

グルジ滞在最終日は神田、楽道庵さんにてコンサートでした。

沢山の方にお越しいただき、満席となりました。
こんなに至近距離で皆んなでグルジのラーガとターラを堪能出来るなんて、なんて素晴らしい。

良きサットサングとなりました。
最後に空港までグルジをお見送り。
また来年も来てくれるようです。

大変だった分、企画して良かったです。
やりがいありました。
勉強になる部分だらけで、だけどクリエイトしていく楽しさが上回った事は間違いないです。


a0226637_00313468.jpg

a0226637_00320141.jpg

a0226637_00322535.jpg

a0226637_00331574.jpg

a0226637_00340561.jpg

a0226637_00342639.jpg

a0226637_00344768.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-20 00:27 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

Dhrupad Camp 2017 part2

今年は去年より短く1週間の期間の間にギュっと凝縮してました。

私は企画側だったので走り回っていました。

全て皆んなと様々なプロセスを共有出来た事が何より大切な事だと思いました。


キャンプの後半は息抜きに、海水浴、花火などで楽しみました。
グルジもすごく楽しんでました。
私も久しぶりに海に浸かって楽し過ぎでした。

音の事に関しては、ラーマの歌が良かった。
1番歌いたいと思って、よく練習してます。

a0226637_00170063.jpg

a0226637_00174273.jpg

a0226637_00183453.jpg

a0226637_00193792.jpg

a0226637_00202498.jpg

a0226637_00204624.jpg

a0226637_00210874.jpg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-19 00:01 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

Dhrupad Camp 2017

インド・ベナレスよりPt. Ritwik Sanyal Ji を迎えて今年もドゥルパドキャンプを開催しました。

今年は関東、逗子、大楠山にて、緑が豊かな場所です。

初日の8月19日は早速ミニコンサートでした。

虫や鳥の声にインスパイアされたと、ミニコンサートではなく通常のコンサートより長くなったのです。

毎日早朝から夜まで共に過ごして、本当にfamilyのようになっていきました。

沢山の喜びと沢山の苦悩もありながら、皆がそれぞれの立ち位置から音の旅、自己探求へと深めました。

a0226637_23381719.jpg

a0226637_23390067.jpg

a0226637_23400945.jpg

a0226637_23404352.jpg

a0226637_23422182.jpg

a0226637_23434973.jpg

a0226637_23442449.jpg

a0226637_23505442.jpg

a0226637_23451013.jpg

a0226637_23454095.jpg

a0226637_23501194.jpg

a0226637_23521862.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-18 22:08 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

マレーシア

インドのシヴァ神の次はマレーシアのスップラバニヤン神の元に。
(シヴァの息子であり、ガネーシャ神の弟)

素晴らしい青年の集いでした。

大学生が多かったですが若い時から神の交流、良き行いに関して養う時間がある事は本当に素晴らしいなと感じました。

a0226637_22035049.jpg

毎回のセッションの時間の前にヴェーダの朗唱で神様を先導する所からスタートしました。
a0226637_22041530.jpg

a0226637_22050354.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-17 21:58 | インドネシア・マレーシア | Comments(0)

Ati Rudram Maha Yajna 2017

11日間に渡る世界平和の祈りの儀式
Ati Rudram Maha Yajma
インド アルナチャラの山の麓にて
シバ神のお膝元でシバのパワフルな儀式。

第1日目の儀式を行うと、4年間雨が降らなかったアルナチャラ、ティルヴァンナーマライの街には大量の恵みの雨が降り注ぎました。
雷もすごくて。

アルナチャラの山の緑が生き生きとして、動物達も嬉しそうでした。
地元の人達もとても喜んでました。

そしてしばらく前半の4、5日はずっと夜中になる度に雷と雨が降り続けていました。


知人からの知らせで、ヤグニャ効果でその後も恩寵の雨が降り続けていることを知りました。


神様に祈りが届く瞬間を目の当たりにした時間でした。

私達はもっともっと神様を喜ばす為の行為を取り戻す必要があるのです。

a0226637_21525595.jpg

a0226637_21534817.jpg

a0226637_21563793.jpg

a0226637_21551355.jpg

a0226637_21544935.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-15 21:47 | インドの旅 | Comments(0)

感無量の夏

何から言葉にしてよいか分からないぐらい濃い夏でした。

沢山の恩寵と祝福が降り注ぎました。
一方で、課題も沢山あります。


一言だけ言葉にするとしたら、

私達の身体は神の道具に過ぎないという事です。

その流れは止めてはいけない。
本来はずっと流れているもの。

もし止まってしまったら、神から離れている事になるのだと思います。

理由は?

自分のエゴによって。

インド アルナーチャラの山のシルエット
a0226637_20183998.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-09-12 20:07 | 心・魂・身体 | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30