ご縁あって春より始まった新潟県新発田市、忠臣蔵四十七士の一人堀部安兵衛ゆかりの地、長徳寺さんでの寺YOGA。

とても穏やかで心地よいエネルギーの場所に包まれていて、素敵な若夫婦がいらっしゃいます。


  <寺YOGA>


日時  毎月第2、第4火曜日 18:00~19:30
 
場所  長徳寺    新発田市大栄町2-7-22

持ち物  YOGAマット

動きやすい恰好でお越しください。

連絡先
dechiffrer_pedro@yahoo.co.jp
090-7014-4640


まるで寺子屋な気分です。
ご縁と繋がりに感謝です。

a0226637_11384263.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-18 11:39 | YOGA | Comments(0)

すっかり

PCが壊れたのもあり、毎日空ばかり眺めて、仕事の手も止まるほど空ばかり見ていて、すっかりブログの更新が止まってしまっていました。

書きたいことは山ほど。

今のスパイラル状に登りつめている時間軸に追いつけれてない感。


5月5日のスーパームーンから始まり

5月21日の日食でエネルギーのピーク

6月6日のヴィーナストランジットまでいっきに過ぎ去り

2012年の大きなピークを迎えていました。

大きな扉が開かれ、どうやらこれから先は本当にいままでの古い価値観のままではどうにも苦しい時期に本当に本当に入っている模様。


21日の日食の意味。
普段姿を現さない新月が太陽によって姿を現しました。
とどのつまりそれが意味することは闇はもう隠せない。
心に正直にしか生きれない。
まだまだ過去のやり方は残っている大きな転換期なので正直に生きることに摩擦が生じる場合があるけれど、共鳴の時代。自分次第でどんどん変化することでしょう。


先日、仕事での金銭授受で私は100円安く金額を伝えて間違えてしまったのですが、お客さん側は今までなら間違えても忘れているか、100円ぐらいラッキーな感じで帰っていく場合が多いのでは?と言う感じでしたが、その方はすぐに戻ってこられて100円お渡ししてなかったですよね?と届けに来てくれました。
世の中には親切な人が沢山いるな~ということではなく、つまりそういう事。そんな心境にすべての人が少しずつでもなっているのでは?とつなげたくなる出来事でした。

心を大きく開いて、もっともっとオープンにこの流れに乗って行きたいですね。

6月の環水平アークといわれる雲に虹がかかる現象。
美しい!

a0226637_1120649.jpg

a0226637_11213952.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-18 11:21 | 日常 | Comments(0)

最近ジャケ買いしたあまみのお塩

ほんのり甘みのある綺麗なお塩
a0226637_12563483.jpg



色んなところへ行くたびに塩はチェック!!

ある人から教えてもらったこと。

塩は海で取れるのに漢字では土がつきます。

は水は人の母と書きます。
は土からできた野菜を人は食べて血にかえると書きます。

私たちの生活排水は海に辿り着くまで一週間程度の時間が必要とされています。

私の家のそばを流れる日本一長い信濃川でも4日で海に流れてしまうそうです。

海に辿り着いて、その海からお塩をいただくことはすごい循環ですよね。
宇宙が詰まっている!!!!

と感動しました。


今のところ集まった塩達
色んなところにお塩があるから毎回買っているときりがないのですが、いつか塩屋さんをやりたいな~とやりたい事リストに加えられつつあります。
a0226637_131324100.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-05-11 13:25 | 日常 | Comments(0)

大吉日

今日は、アクシャヤ・トリティヤといわれる日です。

インドでは1年に1度の大吉日と言われています!!!

アクシャヤとはサンスクリット語で「不滅の、不朽の」という意味でこの日に始めたことは尽きることがなく繁栄する吉祥な日といわれているようです。

高価な買い物をするにはとてもいい日みたいです。

また善行を積むのにもいいようです。


さっそく何しようかな~と考えつつ、再度やりたい事を片っ端からリストアップしなおす作業をしております。
a0226637_1452958.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-24 14:05 | YOGA | Comments(0)

メッセージ

最近よくやってくるメッセージ!

自分に言い聞かせている事でもあるけれどブログでシェアしてみます。


どこからか、そのまんま聞こえてきた声なき声。

「早く早く!!急がないと!夏までにもっと浄化を強めて!もっと食べ物をに気をつかって!もっと光を感じれるように体の環境を整えて!時間はないよ!自分達が出会ったそれぞれのあらゆる方法、技術を使ってもっと自分を浄化して!!!!!

もっとオープンに!もっと高く!もっと広く!
そしてしっかりとグラウンディングをして、しっかりと地球と繋がる事!」


人それぞれ段階もペースも違うけれど、それぞれなりのバランスで。

焦るわけではないけどのんびりしてはいられない!
2011年からず~っとある感覚だけど、ここにきて2012年を超えて春、また強く感じます。

一つ一つのことにもっともっと意識を向けていきたいです。
a0226637_1328846.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-23 13:29 | 日常 | Comments(0)

ミラクル

今日も沢山のミラクルがおこりますように!!!

a0226637_9491475.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-22 09:49 | 日常 | Comments(0)

のんびりゆっくりな時間が流れるトバ湖を堪能して、次に向かったのはバンダ・アチェ。
今のところ前回のインドで起きた猿に噛まれるというハプニングはなく旅をすごしていますが、最後まで何があるか分かりません。気を引き締めつつも楽しんで。


ここバンダアチェは2004年12月26日に22万人以上の死者・行方不明者のあったスマトラ沖地震、大津波が起こったメインの場所。
かれこれ8年前になります。

何故ここに行きたかったかのはっきりとした明確な意図は特にないですが、ただ行きたかったそれだけです。
そして到着したのは3月11日。 

到着して荷物を乗っけていざアチェの街へ
a0226637_10403493.jpg


私が泊ったゲストハウス
津波で被害を受け、土台が残ったのでそのままリフォームしてあるおうち。
a0226637_13273461.jpg

お隣の建物はこんな感じ  むき出しです。
a0226637_10452664.jpg


インドネシアにきて印象に残ったのは猫。インドでは犬や牛や猿ばかり見たきがするけど。
こちらでは猫。  もちろん犬も沢山います。
宗教の違いもあるのでしょうか。
a0226637_10475055.jpg

a0226637_1331951.jpg



ゲストハウスの近くには、ドイツ人の協力で建てられたTUNAMI博物館があります。
中には津波で残ったヘリコプターの一部や街のbefore afterの様子の写真などが展示されています。

before
a0226637_13225814.jpg

after
a0226637_13232661.jpg


a0226637_10573844.jpg


日本の「平和」の文字
a0226637_1059269.jpg


スマトラ島に入ってから理由ははっきりとしませんが、常に何か重い。もしくは胸が圧迫されるようなフィーリングがずーっとありました。

そしてこのバンダアチェに来てからそのフィーリングがマックスに達しました。


街の食堂である運転手のお兄ちゃんと出会いました。 ダン君といいます。
色々話しをしていると津波の話になり、当時の状況を教えてくれました。

さらにダン君は6人家族のうち5人を津波で亡くして自分一人が残ったこと。その当時婚約していて相手は健在で津波後に結婚をして新しい家族を持ったことなどを話してくれました。

話の始終、彼の目の奥は悲しみでいっぱいでそのフィーリングが伝わってきて思わず涙がこみあげてきました。
きっと8年色々な事を乗り越えてはいるだろうけど、起きてしまった出来事はその悲しみは変わらずにある事実。
そういった感情と向き合い、付き合っていくとこは長い目で見ていく事が大事なのだなと思いました。

そしてダン君に街の名所となっている津波の色々な場所へ連れて行ってもらいました。
a0226637_13282317.jpg


バンダアチェの海岸
a0226637_11142288.jpg

ヘリコプターの残骸
a0226637_13345250.jpg

削れた病院
a0226637_11164956.jpg

a0226637_13362524.jpg

座礁した船
a0226637_1337366.jpg

家に乗り上げた船
a0226637_13372311.jpg

a0226637_1122897.jpg


行った中で当時の写真などを展示している場所がありました。

その中に津波によって服を引きはがされて亡骸となっている写真が多数展示されていて最初は直視していたけれど、すぐに気持ち悪くなり思わず吐き気をもようしてその場を立ち去りました。

それにしてもいわゆる観光客がまだまだ少ない場所なようで欧米諸国の外人さんにはあまり出会わなかった。


街の本屋さん
a0226637_11434072.jpg

街のとこやさん
a0226637_11455042.jpg

お土産屋さんで物色する観光客
a0226637_11462552.jpg

アチェ刺繍
a0226637_1342891.jpg


街のシンボル、イスラムのモスクです。インドネシアの中でもこのバンダアチェがイスラムの人達の聖地となっているようです。
a0226637_1343647.jpg


日本も神社やお寺が津波の被害を免れたように、ここアチェもモスクは無事でした。
ちゃーんと守られているのですね。

アチェにきて私なりに感じたもう一つは街全体のエネルギーが空っぽな状態にあること。ゼロな状態。
津波により人も沢山亡くなったと同時に建物も壊され最初でこそすぐには戦争が終わらなかったようだけど、少しずつ平和な暮らしに戻りつつあること。
a0226637_13393260.jpg

夜になって再びモスクを訪れてみました。
そのまま敷地に入ろうとして注意を受けました。そうです、女性は頭をかくさないといけないのですね。 
早速ストールで頭を隠してモスクへ。
a0226637_11372314.jpg

お寺の中を覗こうと、入ろうとしてまたまた注意を受ける私。
頭は隠していてもあきらかにイスラム教じゃない私。
信者以外は中に入る事お断りでした。 やはり無知でいることは怖いですね。でも無知だからこそ固定概念なくやれる場合もありますね。
a0226637_11414198.jpg

でもこのモスクを目の前にして私の胸の圧迫は最高潮に!
以前インドでハートのチャクラの寺院(正式名称忘れた)へお参りにいった時も胸がどんどん膨らんですごく満たされるようなそんな感覚になったけれど、その時とはまたちょっと違って胸がふくらむと同時にものすごい圧力を感じました。満たされているのにすごく苦しい!!!
そんな感覚。
それは宗教における戒律のせいなのか、津波が起こるまでつづいていた武力戦争をふくめた政治的抑圧なのか、単なる私のまだまだオープンでない部分がクローズアップされているのか。

それは定かではないけれど(全部かな)、こんなフィーリングは初めてでした。
そしてすごーく複雑な気分になりました。

あまりに苦しくて、咄嗟にしたことはYOGAのマントラを唱える事。
ガヤトリマントラとマハームリットゥンジャヤマントラ。
ひたすらこのマントラを唱え続けてました。

それでもその胸が圧迫されるフィーリングが圧倒的でマントラを唱える事でかろうじてを保つ事ができた感じでした。

(ここでマントラをご存じないかたへの注釈)
マントラとはインドのヴェーダやウパニシャッドの聖典で古くから伝わるものでエネルギーを音の組合せに変換させたものと考えられています。
「真言」とも言われ、「心の解放」という意味を持っています。


そして海に行った時は3.11の14:46分の日本の時間に合わせてただひたすらこのマントラを唱え続けていました。
a0226637_12432245.jpg


Om Trayambakam Yajamahe
Sugandhim Pusti Vardhanam
Urva Rukam lva Bhandhanat
Mrityor Muksiya Mamrtat


ダライラマが震災直後に10万回御経を唱えたそうですが、そんなふうにはいかないにしてもまずは自分と身の回りの人達が、さらにここスマトラの被害を受けた人達と日本で被害を受けた人たちの気持ちが少しでも穏やかに温かくなれるように祈ってみました。


このバンダアチェを訪れた事で、どんなに年数が経っても心の傷が癒えるのにはとても時間がかかること、日本も同様にまだまだこれから長期的に細く長く心のケアは必要なんだなと再認識させられました。

一見、普通の日常に戻りつつあるようにみえても、一人の人と接してフォーカスするとこうしてその感情が浮き彫りになります。
毎瞬毎瞬、今を生きる事に楽しく精一杯邁進しながらも、起こった出来事は忘れずに原点に振り返っていこうと思えました。

バンダアチェはPintu Ache (ピントゥ アチェ)とも呼ばれアチェのゲートとも呼ばれ昔からインドネシア界隈の貿易など入り口となっていた場所です。
ピントゥアチェのマークが空港でも、町でも見られます。
a0226637_13442454.jpg


日本に戻るのに再びマレーシアへのトランジット。今回3度目のマレーシア。。。。。乗り継ぎメインで使っていたけど案外一番滞在時間が長かったりして。。。。。

チャイナタウンの街角で偶然にもダンサーLATAちゃんに出会う。
すごい偶然でびっくり!

海外でこんな雑踏のなかで知り合いに会えるのは嬉しいですね。


最後までハプニングなく楽しく過ごせました。が、

飛行機で日本が初めてだというインド人のおじさんにお話ししたり暇すぎて刺し子していたのですが(はさみと針持ってたのに飛行機の中にスルーできてしまった!!忘れてた)、おじさんは刺し子の糸巻き手伝ってくれたりしてしまいには仕事賃100円ね~とかいわれながら、「You are funny girl!!」といわれる私。

インド人にfunnyと言われるのは2回目ですが、何か。。。。。
インド人にはかないませんよ~

インドの首都デリーでアンティークのお店を構えているそのおじさんと美女な妻。
a0226637_14132727.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-05 13:17 | インドネシア・マレーシア | Comments(0)

バリから再びマレーシアへ戻りマラッカへ

今回の旅の目的の一つ、「マラッカ海峡を渡る」

マラッカの港
a0226637_22424192.jpg

a0226637_22431927.jpg

a0226637_22434686.jpg

マラッカのチャイナタウン
a0226637_22445630.jpg

a0226637_22452599.jpg

a0226637_22462097.jpg

a0226637_22465086.jpg

若い二人が結婚記念の写真を撮った帰りにそのままの衣装でお店に寄ってました。
a0226637_22473298.jpg

朝のお勤め
a0226637_2248179.jpg

オーナーのセンスを感じるゲストハウス
a0226637_9351548.jpg

a0226637_9354874.jpg

a0226637_945239.jpg

a0226637_937199.jpg

全体的にセンスのいい街、というのが印象的でとても好感のもてる街でした。
この街にもうちょっと滞在したかったな~

次の日いざマラッカ海峡を渡るフェリーへ
a0226637_944486.jpg

さようなら~マラッカ
a0226637_2253062.jpg

船の中はこんな感じで映画とか見てます。
さながら新潟から佐渡へ向かうフェリーに乗っている気分になりました。
船内は海外からの人がほとんどおらず私たちと欧米人二人組ぐらいでした。
a0226637_9393110.jpg


3時間ほどでようやくスマトラ島ドゥマイに到着
初めてのイスラム圏にいよいよ入国!
a0226637_2345572.jpg



そこから深夜バスに乗ります。
バスのおじさんに「バスに乗る前にシャワーでも浴びてすっきりしてきたらいいさ~」ということで早速浴びる事に。
アジアのトイレ事情
a0226637_23591152.jpg

基本的に水でかけ流しの為、ある意味清潔かと。
もちろん大事な部分も。紙いらずですね。

そして私がシャワーとして使ったトイレ兼バス
溜め桶の水を汲んで体を洗ってすっきりしてバスに乗り込みました。
a0226637_03181.jpg

さらに17時間、お昼頃到着。そして船で30分ほどでトバ湖を渡りサモシール島へ。
世界最大のカルデラ湖で、広さにして琵琶湖の2倍。
70年代にヒッピーたちが集った場所としても知られているようです。
そして村を散策すると時々70年代からそこに住みついたと思われるおじ様達を見かけます。

a0226637_2312038.jpg

機織りの様子
a0226637_23201935.jpg

満月の夜に地元の踊りバタックダンスに参加して楽しみました。地元の歌も踊りも地味で素朴でよかった。
a0226637_23215931.jpg


これはサロンと呼ばれる筒状になった生地を越でくるくると織り込んで巻くもの。男性も女性もみなこれです。
a0226637_9552733.jpg


次の日はようやく晴れてとても気持ちの良い日
思わず朝からこんな気分
a0226637_9411315.jpg

a0226637_23444576.jpg


a0226637_23465280.jpg

a0226637_9473128.jpg

a0226637_950076.jpg

龍の雲もお出迎え
a0226637_23485275.jpg

a0226637_23492528.jpg

船の形をしたおうちの屋根。
これは湖を崇拝するように向きが考えられているそうです。
a0226637_0212659.jpg

この辺りの地域はどちらかというとキリスト教が多いです。
a0226637_9563443.jpg


トバ湖の温泉です。
a0226637_23544719.jpg

a0226637_23562941.jpg

a0226637_9571350.jpg

a0226637_23565956.jpg



ネッシーが出てきそうな不思議な雰囲気のトバ湖。
晴れると一転して大地の木々が色鮮やかに映え渡り、雨や曇りだと光がまったくなくなるような、どこにいても当たり前のことだけれどもその差をなんだかハッキリと感じさせてくれたようでした。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-01 00:06 | インドネシア・マレーシア | Comments(1)

Mother Teresa


Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words,
Be careful of your words, for your words become your deeds,
Be careful of your deeds, for your deeds become your habits,
Be careful of your habits; for your habits become your character,
Be careful of your character, for your character becomes your destiny.
- Mother Teresa

思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい。それはいつか、あなたの運命になるから。
マザー・テレサ


実際に行動にしていくには根気がいるけど、行動あるのみです。
a0226637_0311926.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-03-31 00:31 | 日常 | Comments(0)

バリ島での出来事

今回の旅でマレーシアを経由してまず入ったのがバリ島。

直前に決めてバリ行きチケットをマレーシア着いてからチケットを手配。

若干弾丸ツアーですね。
a0226637_101930.jpg

a0226637_105228.jpg


あまりバリの知識もなく地球の歩き方を眺めて、なんとなく行きたいと思ったウブドをメインに回る事を決定。

以前インドで世界の色々な儀式?のDVDを見てからずーっと気になっていたケチャダンス、着いた初日に早速見に行きました。

バリの最南端にある寺院でのケチャダンスを見に来た観光客。みんな布を巻いたり紐を腰に巻いてます。
a0226637_039387.jpg

a0226637_0551470.jpg

あの男性達の掛け声がなんとも言えずトランス状態になるかと思いきや、以前TVで見たときの衝撃の方が上だった。
なんでも初めてって感動しますね。

夜ごはんは芸人の河本似のジャワ人のご家族が経営されているというご飯屋さんで、バッソと空芯菜とナシゴレンにありつきました。安くておいしかった~

そんな感じで東南アジア初の私としては、いかにも観光から入ってとても楽しめました。

そして次の日早速ウブドへ。

こちらでもバッソ屋さん発見!
バッソとは牛肉の出汁に、はるさめと魚の肉団子が入っているもの。
一杯50円ほどで安くておいしいです。
こちらのお店はしょうゆベースでその後食べたバッソ屋さんの中でも一番はまった味でした。
a0226637_2344571.jpg


ほらこんな風にバリのOLさん?もお昼休みに近くの小学校内でバッソを食べています。
a0226637_0384313.jpg


学校が終わった小学生がお絵かき中
a0226637_23444278.jpg


人を食べちゃう怪獣だそうです。
a0226637_23465349.jpg


おみやげ物屋さん
a0226637_0481317.jpg

a0226637_234926.jpg


ウブドの周辺
a0226637_046453.jpg

a0226637_0535188.jpg


そんなこんなでフラフラ町を散策しながら、バイクを調達して行動範囲も広がったのでさらに散策。
気になったご飯屋さんへ入ってみることに。
a0226637_0503939.jpg


地元民に人気のお店でメニューはナシチャンプル
a0226637_0425974.jpg


食事中にバリ人に声かけられて、しかも日本語で、私たちはしばらくその人と話をすることに。
彼は日本人の奥さんがいて日本に住んでるという。今は里帰りでバリに帰っているとのこと。

バリの人から里帰りという日本語の単語が出て来る事にちょっと受けながらもさらに話をしていくと、ガムランボールを頼まれて今僧侶から受け取ってきたばかりというそのガムランボールを見せてもらうことに。

色々な話の流れで私たちの手相を見てくれることになり、そして彼は自分がバリアンだと話してきた。
ジュリアロバーツ主演の映画「食べて、祈って、恋をして」にも最後の舞台となるバリで登場するあれです。

地球の歩き方にもバリにはバリアンといういわゆるシャーマンが沢山いるそうで、会ってみたいなと思っていた矢先にこんな食堂でばったり出会えるとは。そして彼はおじいちゃんの代からバリアンだそうで、連れが前もってバリの知り合いに聞いて調べていたバリアンの名前を見せると、なんとおじいちゃんのお弟子さんだそうで。
つくづくこのような方々とは縁がありますね。

そして、私が欲しそうに見ていたからか?(笑)あなた達のガムランボールがあるか見てあげると言われて、その場でガムランを鳴らしてみることに。

通常一般的なお土産物屋で売っているガムランはあくまでお土産らしい。
バリの人達はこの自分に合ったガムランボールを手に入れるまでお金を貯めてちゃんと見立ててくれる人の元にいって手に入れるそう。

そしたら二人とものガムランが見つかり、バリアンは大層驚いてました。

そもそも「なんで観光客がこないような食堂にあなた達いるの~。私帰国すると頻繁にここの食堂使うけど昨日も来たけど昨日ならガムランボール持ってないね~。なんで~なんでいるの~!?」

と、驚かれました。
でもつまりそういうことですよね。
なんの迷いもなくそのガムランボールを購入させてもらい授かりました。
そしてこれからこのガムランボールをバリの先住民の村へ行ってお祈りしてくるから。
4時から行うからその時に合わせてガムランボールを振ってみるんだよ。と言われたので4時を待って振ってみると小さなガムランボールはとても大きな音を出して鳴り響きました。

祈りのパワーはすごいですね。

こちらもバリアンさんがすごく印象的な出会いでとても興奮しました。

帰る時に握手をしたけど私の手のひら熱くて驚かれた。

私の場合ものすごく縁のある人などに出会ったり、いい意味で自分のエネルギーが引き出されるような事があると体の反応として内側からかなり熱くなりヒートする傾向にあります。

そんな感じでわずか3日のバリ滞在はなかなか面白出来事からスタートしました。

ウブドのアバターの世界

a0226637_0434838.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-03-26 00:30 | インドネシア・マレーシア | Comments(0)

明日から

明日から旅にでます。

今回もどんな旅になるか楽しみ。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-03-01 01:18 | | Comments(0)

黒いもの

去年から黒いものがやってくる。

具体的に言えば黒いカラーのことだけど。

かれこれ2、3年黒が着たくなくてずっと明るい色ばかり着ていた。

だけど急に黒のカラーばかりが目に迫ってくる。


いったいどういうことだろう???とはてなマークでしたが、とにかく黒の服を着てみることに。

黒いワンピースに黒いスエードのブーツ。


全身黒。


これが思いのほか、気持ち良かった。

シュッとした気分になって。

長年敬遠していた黒を受け入れた事によりなんだか景色が違ってみえる今日この頃。



そして黒の留めはクロネコ。

Black Cat

都内で、猫7匹と住んでいる弟がはぶられている一匹を引きとってほしいと我が家にやってきた黒ねこ。


黒ねこは縁起がよいと聞くので去年は天災で色々あった我が家にもきっかけとなってくれるのかな~なんて。

が、しかし突然の引っ越しで見ず知らずの家の隅で小さく縮こまっています。
かわいそうに。

なんでも慣れです。

早く我が家に慣れてほしいですね。

冷蔵庫とキッチンの隙間にへばりつく黒ネコ
a0226637_12302012.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-29 12:30 | 日常 | Comments(0)

シンクロ

さて先日マクロビ教室のご飯を食べた後から始まった私の毒出し。
出るわ出るわ、留めは風邪と下痢でした。

よっぽど体、酷使していたようです。
分かっていましたが。。。。。

それにしても玄米パワーはすごいです!
自分の体の中心を教えてくれます。

体に余計なものを入れたくなくてもちろん薬は飲まずに、自力で治しました。

巷ではとうの昔に流行ったあのハワイの叡智ホオ・ポノポノ。

無意識にこの言葉を唱えてみたりして。

するとおもしろいことに唱えるごとに風邪の熱のようなものがお腹の方から頭の方へ登っていく感じが分かって、つまり頭から上へ熱が抜けるってことですね。

その様子がおかしくてフラフラしながらも言葉を唱えてみたり。

次の日はYOGAのクラスがあったので必死で治しました。

私が開催しているけど、私も参加したくて。笑
新月だったからどうしても開催してみんなと時間をシェアしたかった。


体も病み上がりだし、なんだかさっぱりした果物食べたいな~。かわいい苺食べたいな~って思ってました。

そしたら今日早速かわいい苺を知り合いにいただきました☆

時代関係なく昔からそのようにやっている方は沢山いらっしゃるけど、やっぱりもうそういう時代ですね。

誰もが通じ合えます。オープンに。

些細な事だけど改めてまたまた再確認のシンクロでした。
かわいい苺達。
あっという間にお腹に納まりました。
a0226637_20451025.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-23 20:45 | 日常 | Comments(0)

料理教室

人生で初めて?いや先日インド料理習ったので、2回目の料理教室の参加。

今回はマクロビオティック。
無添加住宅さんにて。

いるだけでとても気持ちのいい場所。

最近は料理づいてますね。
なんせ自分の体に直接入ってくるものだから、多少なりとも影響が。いやすごくある。
多少なりともと言ったのは他からのエネルギーで自分が左右されすぎないようにしていたいという希望があるから。

友人のコンちゃん先生の指導のもと
a0226637_1913388.jpg


キャロブケーキ
a0226637_1975926.jpg


a0226637_1915591.jpg



完成!
a0226637_19154221.jpg


今回もまたまた、体の好転反応が早くてすごくてだるーくなりました。
先日の仕事で酷使しすぎました。
いつものことだけど分かっていながらやってしまう。

でもこうしてちゃんとケアして自分の体、大事大事にしてあげましょ。
その後も。。。。でるわでるわ解毒祭りです。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-21 19:12 | 日常 | Comments(0)

久しぶりの畑です。

もちろん土は見えません。
遠くには川に新しい橋がかかる最中
a0226637_1911588.jpg


は~るよこい♪ は~やくこい♪
a0226637_1912676.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-20 19:02 | 日常 | Comments(0)

ただいま私、新潟伊勢丹でこんな姿しています。

a0226637_23571975.jpg


酒屋風前掛けで威勢のいい感じと、ゆったりとしたカフェなボーダーTのMIX。

これ制服です。


地元のチョコレート屋さんのバレンタインチョコ売り場のお手伝い。


新潟の南魚沼の八海山や津川の麒麟山、村上の太洋盛、といった日本酒を使用したオリジナルの生チョコ。

ついでにいえば、村上の富士見園さんの唯一地元で作られているの紅茶も使用。

どれもとっても濃厚です☆

a0226637_043220.jpg
a0226637_052136.jpg


ものすごい雪にも関わらず沢山お客さんにお越しいただいてます。

「いらっしゃいませ~! ご試食いかがですか~」とか言いながらやってる自分がおもしろくもあり、人は一体何面もっているんだろう?とか思ってみたり。

本当は別のお仕事する予定だったけどキャンセルになってしまい、ちょっとがっくりしたその一時間後に同じような仕事が舞い込んできたのがこちらのお店。
その展開も宇宙は働けといってるのね~的な。(笑)


久しぶりにこういうテナントに入って仕事しているけど、なんていうか異次元にも感じるし、過去の自分を思い出したりもします。

認められなかった過去の自分の感情とかも再びやってくるような。


当然のごとく、毎朝朝礼で売上を報告されるのですが、こうやって大きなお金が回っている一方で、それとは無関係?に生活をしている人も世の中にはもちろんいて、毎日色んな場所で色んな事が起こっている事実が不思議でおもしろいな~と。


過去に、物は違えど何度となくやってきた内容のお仕事でもあり、しばらくそこから遠のいていたのもあり今回このお仕事は自分にとってはある意味挑戦でもありました。

だからこそスルーせずに挑んでみたような感じです。

結果的にあ~こういう事かっていう気づきがものすごく沢山あったきっかけにまたまたなりました。


最近は見て見ぬ振り?していた事やちょっと距離を置いていた事が沢山やってきています。
消化しろというこということですね。

一つ一つと向き合いつつ、楽しみつつ、試食にワクワク乗っけちゃってま~す。

そしてどこにでもいるななちゃん目指して、次は一体どちらにいるのでしょうか?

a0226637_033182.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-11 00:33 | 日常 | Comments(0)

どか雪

豪雪です。

すごいです。

通常30分ほどで到着する街へ1時間半かかりました。

a0226637_00478.jpg
a0226637_002363.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-02-05 00:00 | 日常 | Comments(0)

インドのカレー

インド人の方の料理講習会です。

a0226637_14551890.jpg


キーマカレー

カロフラワーとポテトのサブジ(辛かった!!) 

トマトときゅうりと玉ねぎのレモンサラダ

a0226637_14564648.jpg


公民館的施設の調理台で食べるインドの先生の姿。
a0226637_14581894.jpg


お友達のあすかちゃんがチャイをインド風に入れています。
a0226637_1459960.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-01-29 14:59 | 日常 | Comments(0)

豪雪

海沿いの道です。

まるでどこかの雪山にきているようです。
a0226637_14492754.jpg
a0226637_14493892.jpg
a0226637_14494912.jpg
a0226637_1450145.jpg
a0226637_14501396.jpg
a0226637_14502617.jpg



こんなところもつららが
a0226637_14503798.jpg
a0226637_14523924.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-01-27 14:45 | 日常 | Comments(0)

夕日

散歩道からの夕日と木の陰
a0226637_14452480.jpg
a0226637_14453442.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-01-26 14:44 | 日常 | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30