初詣

新潟の海辺の神社

護国神社です。


おみくじは大吉。

龍のごとく2012年を軽やかに邁進していこうと思います。

a0226637_8432237.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-01-03 16:43 | 日常 | Comments(0)

言葉

新年が明けました!


11月から年末までずーっと意識して行っていたことがあります。

批判的な事やネガティブなワードを使わない事。


自分をよ~く観察しながらやってみると意外にポロっと出ていたりして、思っていたより使っていることが判明。

心の中でも。

それが悪いわけではない。そんな自分がいるんだなと受け入れながらもなるべくポジティブな言葉で返そうと意識していた。


言魂と言われるぐらい言葉はとても力を持っているものです。

昔から自分の中で大事な位置づけにある言葉というもの。

というのはこの言葉で沢山失敗もしているから。

だけど人を楽しくHAPPYにさせるものでもあります。

地球にいる中で唯一人間が巧みにこの言葉を使える動物ですね。

そう思ったらものすごく素敵なツールなのだと、改めて一つ一つ発する言葉を大事にしていこうと新年に思えたこと。

同時にそんなに沢山の言葉を使用しなくてもみなテレパシーで伝え合って、伝わっていた時代があったとか。

今でもそれはそんなに変わらないのでは?とも思います。

だけど色んな感情を言葉でストレートに表現されるのもまたいいものですよね。


2012年 今年も引き続き「言葉」に注目しながら、この音を発する言葉を大事に使っていこうと思います。
a0226637_14213170.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-01-01 14:21 | 日常 | Comments(0)

朝の風景4

いつもの朝の風景

毎日同じ場所を見てても毎日違う


連綿と続いてゆくこの毎日の日常を

持続可能な未来へと続けてゆく為に、

毎瞬毎瞬の選択を本当に全力投球で選択してゆこうと改めて思えた今日この頃。

それがまだ見ぬ自分のオリジナルのスタイルになるはずだから。


来年 2012年の始まりにワクワクしています。


a0226637_22275670.jpg
a0226637_2228832.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-31 22:42 | 日常 | Comments(0)

雪のおでかけ2

隣町、水原にある瓢湖の白鳥達。
餌の時間です。

みな寒い中水中です。

a0226637_22423997.jpg
a0226637_22424886.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-19 22:41 | 日常 | Comments(0)

雪のおでかけ

雪の中、弥彦神社へ。

神社の前にあった小さな雪だるま。
a0226637_2238074.jpg


弥彦神社の近くのたぬき風呂で出されたキンキンに冷えたアイスコーヒー。
風呂上がりとはいえ凍えた~

a0226637_22394783.jpg


弥彦山のつり橋
長靴でガシガシと歩く

a0226637_22411033.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-18 22:35 | 日常 | Comments(0)

朝の風景3

今日は晴れた。
だけど雪はどんどん積もる。
朝の渋滞に注意です。
a0226637_2233751.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-17 22:32 | 日常 | Comments(0)

朝の風景2

今年初めてのすごい雪

a0226637_22312135.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-16 22:30 | 日常 | Comments(0)

最近の事

この2年とてつもなく自分の内面が変化変化変化の連続だけど、ここ半年は自分の中の何かが一巡してようやく戻ってきたようなそんな感じのこの頃。
(さっぱり訳わからないと感じる表現かもしれないけど)

なんだか少しだけ大人になったような感じの気分です。

そして最近はシャバ(笑)に出ていることで社会復帰したような感じ。

2年もの間自分が変化していく為に、まるで冬眠していたような、引きこもりのような(でもめちゃくちゃ動いて急展開でもちろん人にも会っていたけど)そんな感じでいたので自分が循環しだしたような、もしくは不潔じゃなくなったような感じです。(←この表現が一番しっくりくる!)

毎日体を清潔に保ったり、掃除をすることと一緒で、自分自身を動かして循環させること、生命力を謳歌させているのだな~と。

単純に動かさないことは消化不良を起こしているような感じ。
なんとなく内側で生きていた2年間があるからそう感じます。

当たり前の事かもしれないけど、遠回りかもしれないけど一つ一つをかみ砕いて生きていきたい私は誰かに何かを言われたとしても納得いくまでそれをちゃんと体験して感じていたかったのだと思います。

この世界と繋がって生活する事、それが肉体を持った私達が体験している最高の出来事なのだな~と改めて感じたり。

そしてアウトプットが滞っていた自分ですが、また一つ壁が崩れたようにオープンでいたい気分になりました。


例えばYOGAの知恵やネイティブの知恵、アボリジニの知恵、日本古来の昔からの生活の知恵、旅で感じることなどそれぞれからの色んな考え、見方、私の場合これらによって自分の中の壁崩れ、新しい知識も加えられていわゆるシャバでの生活がすごく楽に感じてより生き生きと過ごせていること、何よりです。
本当に呼吸が日常に深~く入り込んでいる事はYOGAのおかげさまさまです。



天気の良い日の朝日
a0226637_2051259.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-15 20:51 | 日常 | Comments(0)

朝の風景1

珍しく?晴れた空の新潟の風景。

新津から亀田に向かう途中の朝7時半


a0226637_21505129.jpg

a0226637_21511125.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-13 21:55 | 日常 | Comments(0)

日常の景色の一コマ

ここ2年ほどは季節によって佐渡島での生活や海外に行ったりで一定の箇所で同じ風景を見ることがなかったけど、新潟のあちらこちらで見かける冬支度の一つ、大根干し。
街中の住宅街でも田舎でも。

きっと日本中の特に田舎で見れる光景なのでしょうね。

これからこの大根でたくあんが漬けられます。


a0226637_1461025.jpg

a0226637_14104469.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-12 14:14 | 日常 | Comments(0)

ISANA~生チェロ演奏~

友人夫妻が新潟の沼垂という土地のとある商店街に家具とカフェのスペースをオープンさせました。

名前は『ISANA』

意味は魚やくじらなど日本の昔の言葉だそうです。


二人との出会いは今年始めの1月に大阪を旅していた時でした。

当時京都に暮らしていた彼らは、「私達この春に新潟に戻るんです。」

聞けば奥さまのなぎさちゃんは新潟出身。

まるで異国のような大阪の地で同郷に出会えた感動と、再会できるんだという喜びでその場はお別れしました。

それから6月に新潟にやってきた彼ら。

私が秋にインドに行っている間に着々と目標にしていたお店を築いてついにOPEN!
a0226637_15581621.jpg


a0226637_15582956.jpg



中に入れば家具職人の旦那様が作られたぬくもりのある木のテーブルや椅子が並べられています。

手触りが良くすべすべでずっと触っていたくなります。

そして奈良で染色を学んだ奥様なぎさちゃんのがまぐちの小物達もかわいく並んでいます。

(こんな時に限ってカメラが壊れてしまい中の様子を撮りきれなくて残念)

ISANAのHP

http://isana-furniture.net/isana.html


本日はオープンしてまもないISANAで初めてのイベント「生チェロ演奏会」。

a0226637_15584613.jpg


新潟出身の美華さんのチェロの演奏会が行われました。


彼女、

ほんっとに嬉しそうにチェロを演奏するんです。

そんな笑顔と響き渡る音にこちらも笑顔に。

チェロが好きでしょうがないといったそれはまるで妖精のような美華さんの演奏をその場に居合わせた皆さんとシェアできて素敵な時間でした。

美華さんはこの夏から「生チェロお取り寄せ」という出張で演奏をするとても興味深くおもしろい活動を行っています。

美華さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/namacello/


そして演奏だけじゃなく私をくぎ付けにしたのはこの衣装
a0226637_1559972.jpg


聞けばバレエで使用するチュチュとのこと!

彼女の可憐な姿にとっても合っていておとぎの国から飛び出してきたみたいです。

まるでブラックスワンのような素敵な衣装で、メルヘンな世界を音と共に旅したようなそんな時間でした。

幸せのおすそわけをありがとう美華さん☆


いつもワクワク、鳥肌、鼓動といったものが私の基準だけれども、

これからISANAのスペースがどんな風に展開していくかワクワクしています。


またワクワクしにこのスペースを訪れたいと思います。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-12-04 22:16 | 日常 | Comments(0)

再び前回できなかったこと、というか訪れたかった都市、バラナシ。

ここは世界的な聖地でもあり、ヒンドゥー教最大の聖地でもあります。

ガンガー沿いの街はものすごくひしめき合っていて、細い路地には牛の糞やら何やらで歩く時は注意が必要。

インドの沢山の都市を見て周っているわけではないけど、最初はその狭さと汚さにさすがに参った。
なんていうか田舎の汚さと都会の汚さって違いますよね。そんな感じ?
路地の写真は撮り忘れたけど。
a0226637_20133737.jpg

ゲストハウスの上からみた景色は家がひしめき合っていて東京みたいだ!と思いました。
a0226637_20153223.jpg


だけど人ってすごいもので慣れてしまうものですね。数日の滞在でだんだん気にならなくなっていった。
気にしようよ~とつっこみが入りそうですが^^; 郷に入れば郷に従えです。

ガンガーでは毎朝早くから沐浴している人が沢山います。
a0226637_2019332.jpg


a0226637_20202229.jpg


a0226637_2021576.jpg


そんなバラナシで事件は起きました。

事件の起きる前の朝日。
a0226637_2123796.jpg


早朝からゲストハウスの屋上でガンガーを眺めながら気持ちよくYOGAを行っていたところ徐々にこの辺りをテリトリーにしている猿の集団があちこちからやってきました。

屋上には数名の人がいたのですが、何度か猿たち威嚇してきて時にはどこかから洗濯物を取ってきたり。。。

それでも私ともう一人の友人はYOGAを続けて、すると子ザルが数匹近くに寄ってきました。

その時です!後ろからものすごい勢いで(おそらく親)猿が突進してきたではありませんか!!!!

そして服の上からガブリ!!。。。。。。。。。。。。。。。。。。。声にならず追い払う事もできず、周りの人たちに追い払ってもらい。

痛いーーーーー。


歯が貫通した訳ではないけれど赤く腫れて痛みもあり、それにも関らず私の頭の中には病院の文字はなくその日行く予定にしていたマザーベビースクールのスタッフに何気なく猿に噛まれた事を伝えたところ、
「病院に行った方がいい。」と即答されました。

早速サイクルりクシャーという三輪の後ろをふたりがけの座席になった自転車に乗って颯爽と
a0226637_20403665.jpg


海外でしかもインドで病院にくるとは思いも寄らず。

早速病院に着き周りにびっしりと待たれている患者さん達を横目に診察室へ。

診察室へ入ったと同時に医師は現れ、薬を買ってくるよう指示され早速隣の薬局へ。

薬局でならぶsugar boyのお兄ちゃん。
a0226637_2153376.jpg


a0226637_2161786.jpg


そして注射を2本肩のすぐ下あたりの二の腕に。プスッ。

思わず目をつぶったけどあっという間に完了。

診察代を支払いその場を後にしたのでした。

その後ものすごい睡魔が襲い夜には腫れも引き背中を気にする事もなく眠りにつくことができました。

毎回何かあるインドだけど、今回は猿に噛まれるとは。。。

なかなか貴重な体験でした。

バラナシの病院
a0226637_21204129.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-11-28 21:27 | インドの旅 | Comments(0)

インドの旅2

滞在した日時は順不同で思いつくままつづっていますが、インドは2回目ということで、今回のインドも目的はYOGA。

前回やりそびれた事、買いそびれたもろもろをやろうという目的もありました。

その一つがラフティング。

首都デリーより車で7時間ほどの街、リシケシ。

今回1ヶ月ほどを過ごした場所。

YOGAのコースが無事に終わって、リラックスしていざガンジス川へ。
今回挑戦してみたコースは27kmを下るコース。
20歳のインド人カップルと一緒に、そして船頭さんのインド人とネパール人のお兄ちゃん達二人。

a0226637_198442.jpg


a0226637_19105816.jpg


a0226637_19133619.jpg


リシケシのガンガーは上流の方にあるのできれいです。

a0226637_19155978.jpg


こんな風にあっちでもこっちでもドボン!水は冷たいです。でも気持ちいいです!


そして一番びっくりしたのが、ガンジス川の傍にラフティング用サービスエリアがあったこと!!!

ここでは冷えた体を温めるべく、チャイやインド風焼きそば、といった軽食が食べれます。
a0226637_1920688.jpg


a0226637_1921367.jpg


a0226637_192218.jpg


お腹も満足したところでいざボートに乗ってあとどれぐらいの距離があるのだろう?と思ったのもつかの間、サービスエリアからわずか5分もたたずしてfinish!

最後はあっけなかった。。。

でもガンガーに入って身も心も浄化浄化。

エキサイティングな一日でした。
a0226637_19274358.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-11-28 19:28 | インドの旅 | Comments(0)

インドの旅1

インドのバラナシでネパール系のレストランに入った時のこと。

その時私はトゥクパと言って、ネパールで言ううどんのようなラーメンのようなヌードルを食べました。

出されたお皿と一緒に付いてきたフォークで食べていたのだけど、すぐにそこの店員さんが気づいてお箸は必要か尋ねられました。

よく気づいたな~と、まるで日本人のような心配りに感動したのでありました。

やっぱり同じアジア圏で似たような食文化のルーツがあるからでしょうか?
お箸が必要か気づけたお兄さんの気持ちに感謝。


また別の機会にそのレストランに行った際はシズラー(スペル忘れました)という鉄板でジュウジュウの熱々で出される料理を頼みました。

私が頼んだのは野菜と、パニール(カッテージチーズのようなもの)、そしてライスの上に適度に味付けされたソースがかけられている品。

かなりのお気に入りでもう少し長く滞在していたら確実に何度も注文していた一品。
a0226637_16355343.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-11-27 16:34 | インドの旅 | Comments(0)

最近はおばあちゃんと過ごす日が多いです。

水槽におもむろに塩を入れるおばあちゃん。「何してるの??」と驚く私。
「塩を入れると金魚が病気しないんだ。」とその一言で納得。

塩はとり過ぎても毒だし、取らなさすぎも体によくない。

何事も塩梅が大事です。

人生も同じような事が言えるかも。


何事も塩梅。
a0226637_1564498.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-11-26 15:04 | 日常 | Comments(0)

弥彦へ

おばあちゃんと弥彦神社へ。

このあたりの名物カレー豆を購入しようとしたら人気で次の豆が出来上がるまで30分待ち。

ようやくほくほくの出来たてのカレー豆を手にして帰路へ。
a0226637_19563249.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-11-23 19:50 | 日常 | Comments(0)

気持ち

いつも行く朝市でお彼岸用のお花を買いました。

しきりにカーネーションのピンクを見入っていたら一輪挿しに一つサービスといただいた花。

その気持ちに心が温まりました。
a0226637_21556100.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-09-23 21:06 | 日常 | Comments(0)

台風が去って

12号の台風に引き続き15号の台風。
台風が去って夕日が顔を出した。

その瞬間なんだか泣けてきた。

a0226637_2215433.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-09-22 22:03 | 日常 | Comments(0)

農業ガール

a0226637_23424834.jpg
気付けば豪雨の被害から間もなく1カ月が経とうとしています。
沢山の人のおかげで随分と綺麗になりました。

毎日一つ一つの植物をヘドロから救出する作業は一緒に自分の心も洗うイメージでやったりしていました。
もちろん毎日ヘドロを見るのは気持ちのよいものではない。だんだんとヘドロが自分の見て見ぬ振りをしていた過去の感情、そして家族の心に溜まった感情や手放せない思いなんかに見えてきた。
そう思って作業を進めて、最後に取りかかる事になったぐちゃぐちゃになったハウスの中のヘドロかきと家族の私物を整理して掃除しているときは先が見えてきているので張り切ってやったりした。調度東京から帰省していた弟も手伝ってくれました。泥にまみれた老後の楽しみに取っておいたという母の宝物?!の漫画本は焼却されて残念そうでした。あやうく両親の結婚式の写真も燃やされそうになったり間一髪で救われたそう。。。

だけど乾いて割れた泥から必死になって芽を出している植物を見て感動したりもしました。

豪雨の水で色んな事、物を流してくれて、火によって溜まった物を浄化しました。

なんだかマリオのゲームでちょっとやっかいな怪物にあたってしまい、ようやく戦い終えたかのように自分や家族の心の闇の部分と戦った気分です。

農業ガールならぬヘドロガールと化した私。

なんだかポヨヨ~ンってしたい感じです。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-08-24 23:43 | 日常 | Comments(0)

突き進む

天災が起きようが人災が起ころうが、人は人生をまっとうしていくもの。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2011-08-16 20:59 | 日常 | Comments(0)

every moment is special time