大根干葉湯

身体を労わるシリーズ第3弾です。

お手当て法の1つ、大根干葉湯。

足湯、腰湯が良いのは足に毛細血管が集まり、腰には内臓の毛細血管が集まっている為にその周囲を温める事は、内臓全体の働きが良くなります。

婦人科系にもよいので、中々子どもを授からない人も、この大根干葉湯で腰湯をして無事子どもを授かった人もいるぐらいです。

子宮の治癒も。

温まった後は腰周り、子宮が本当に軽くて心地よいです。

こちらもお疲れの方にとても良いお手当て法です。

a0226637_22402524.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-09 22:25 | | Comments(0)

こんにゃく湿布

身体を労わる時間のシリーズ第二弾です。

定番のこんにゃく湿布です。

こんなにこんにゃく湿布に癒された事ない、と思うほど、温かいこんにゃくは私の肝臓君、腎臓君、脾臓君などの不要物を吸い取ってくれてます。

極楽です。

無理しがちな部分をバランスしてあげたいと思います。

心が沈まらない事には何事も微細な状況を感じる事が出来ないです。

a0226637_15333108.jpeg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-08 15:19 | | Comments(0)

葛湯

1年半の東京生活は本当に激務でした。

自分の身体を労わりながら活動する事のペースは作れなかったので、春を迎えた今、全てその負担が出てきたようです。
浄化が激しいです。

心身を癒す時間を集中して与えてあげています。

そんな中で元々胃腸系が強くない私にてきめんの葛湯。
身体に入れると胃腸に染み渡る感じです。

よほど酷使してきたんだなと今さらですが。

どうしても断食が出来ない私は葛湯と小食で身体を労わっております。

葛湯は身体を温めてくれますし、胃を整え、整腸作用もあり、自律神経も安定させ、なにより血の浄化力もあります。
血流が良いことが健康の要の1つですね。


4月ですが、激しい天候が続いております。

身体のバランスを取るには難しい場合もありますが、お疲れの方は是非葛湯、おすすめです。

a0226637_15171284.jpeg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-07 15:05 | | Comments(0)

寺田本家

2018年1月8日
無限大の8の字、メビウス、レムニスカートの日

念願の寺田本家に行く機会を得ました。

引き続き発酵パワーシリーズが続く日々です。
本当に元気出ます。

私はお酒飲みじゃないのですが、寺田本家のお酒は本当に美味しい。
次の日に残らないのです。


蔵の中は発酵した香りで充満していて至福になります。


池袋の『たまには月でも眺めましょ』の高坂さんナビゲートにより総勢60名での寺田本家。


宴会の席で、私もアカペラでインド音楽を歌わせていただきました。

最後に皆んなで一緒に短いマントラを唱えたのですが、蔵の中はびっくりするぐらい良く響いてすごく気持ちいい音の時間となりました。

麹室は暖かく、香りよく、とってもpureでいつまでもいたくなる室内でした。

a0226637_21491952.jpeg

説明してくれたのは寺田優さん。

私は『発酵道』を書いた優さんの義父の寺田啓ささんの本を読ませてもらいましたが、菌の中から愛と調和の平和の世界を育まれた方で、素晴らしい本でした。とっても良書です。

お会い出来るかと思いましたが、残念ながら4年前に他界されていました。
でも啓介さんの精神と思いが祈りとして今も寺田本家の蔵を見守り続けているのだと思います。

a0226637_21563787.jpeg


またこの蔵の中で、今度は北インド古典音楽ドゥルパドの音を響かせる日を夢見て、今年は音楽の修練を積んでいこうと意識を新たにしました。

寺田本家のように発する音が沢山発酵しますように。

参加された皆さん素敵な方達でした。

a0226637_22005844.jpeg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-01-08 21:42 | | Comments(0)

寒仕込みのお味噌

あけましておめでとうございます。

2018年も皆さまが光に満ちた一年となりますよう祈ります。

スーパームーンから始まった新年。
美しい月でした。
今も美しいです。

元旦は地元新潟にて、いつもご奉仕させてもらっているお寺で茶道のお茶会の奉仕からスタートしました。


そして、小寒の日に神奈川の秦野で味噌作り。

魔女の紀佳さんが杉樽で仕込む味噌作りを皆んなで共同作業です。

竹の手作りカップで紀佳さん特製手作りお屠蘇をいただきました。

皆んなの持ち寄り手作り料理で冬の太陽の光を浴びてのお昼ご飯。

a0226637_21351047.jpeg

a0226637_21352313.jpeg

本日はひよこ豆のお味噌。
グツグツと大きなお鍋に入って、火に竹をくべます。

発酵パワーで2018年が明けてとても嬉しいです。
その次の日は、北海道のアーチさんより教えていただいた念願だった、玄米万能酵母の種菌を作ったりとにかく発酵続きの日々。

今年も元気に過ごせますように。

a0226637_21344457.jpeg






[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-01-06 20:45 | | Comments(0)

事後報告になってしまいました。

えみおわす展で、魔女の紀佳さんが「ほほ笑みキッチン」を開催するにあたりキッチンサポートに入って、都会の人達に野草のエネルギーをお届けする皆さんとの共同ワークが終わりました。

自分自身も再び東京という都会に流されて1年半、暮らしの中に野草や手仕事の時間の実践を可能な限りやってきましたが。

色々なことをしているのもあり、人の繋がりとか環境も含めて難しさを感じる日々で苦戦してきました。

例えばコンポストやりたいけど、近くで畑やってないので堆肥を作っても提供先がない上に重いから運べないとか。

毎回ゴミが気になって、うまく仕組み作り出来てなくて、泣く泣く都会の環境に飲み込まれる。
それでもやれることを少しずつやっていくしかないですね。

そんなこんなで11月30日〜12月5日まで
ほほ笑みキッチン開催してました。

魔女の紀佳さんの感性、重ねてきた日々、都会で草木の活動をすることが魂のミッションとハッキリと自覚されて動いていること。

今回は動物様達が食卓に並びました。
恐竜の子孫のチキン、合鴨農法で仕事を終えられた合鴨様、羊。
私も恐る恐るいただきました。
鳥さん達は意外にもスッキリとしてすんなり身体に入りました。

中々身体が羊さんと融合出来ずに戸惑いました。
2日経ってやっと身体に入りました。

今年はヤグニャイヤー(儀式の年)だったのでより微細なエネルギーを保つためにヴィーガンの状態が多かったので、この通り、動物様達のエネルギーが中々難しい。
ですが皆さん暖かい魔女特製スープを堪能されてました。


拡大にエネルギーが変わった秋から心身がその波動に追い付くために、沈黙を必要とする日々。あぶり出される闇、エゴとDeepに向き合う人は多いと感じます。
必然。

言われていた通りのエネルギーの格段の違いを感じてます。

ちょっと、ほほ笑みキッチンのこととは違うかもしれないけど、深い深いところを潜らない限り自分のとっておきの光には出会えないと思います。

a0226637_00082010.jpeg

和のトライフル、甘酒クリーム絶品です。
a0226637_00092196.jpeg

a0226637_00095491.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-12-06 21:36 | | Comments(0)

梅仕事

去年出来なかった祈りの作業、梅仕事。

これを東京でなっている梅で東京で漬けることの喜び。

私にはちょっと特別感です。

大好きな紀佳さんの代々木の家の梅。

今年は宣言通り青梅を漬けました。

青梅のとってもいい匂いが身体の隅々まで行き渡って幸せに満ちます。

a0226637_23252149.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-06-06 23:21 | | Comments(0)

大阪にいたタイミングで野口さんの種の話しを聞きました。


・小粒納豆は放射線によって調整されていること

・野口さんは手塚治虫プロダクションに所属していた!

・現在のサカタの種やタキイの種での流行りは『雄性不稔』の種。
これは男性不妊、ということです。
結局アンバランスな為不安定。

某種会社のキャベツ畑にサルが入りました。
植物達は雄性不稔のかたわの形になっていても健全に戻ろうとして、雌しべ雄しべをつけて成長してくものもあります。
そんな畑に入ったサルは雄性不稔のキャベツを残して、健全なキャベツだけ食べていったそうです。

私達はスーパーで売られている雄性不稔の種の野菜を食べ続けているわけで、そのような物を食べ続けていたら私達人間はどうなるでしょうか?

野口さんはうちから種を買ったら、自分で繋いでいき、2度と買わないように、と。
それぐらい皆んなで種を守る必要があります。

東京では6月3日に講演会を開催するそうです。
サイエンス満載、大学の講義を聞いているようでした。
a0226637_10181382.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-04-23 09:59 | | Comments(0)

白梅とレジリエンス

続々と都会で大地や地球と繋がる使命を持った方々との出会いが広がっています。

先日お会いした石田紀佳さんが漬けた白梅。

青梅から作るそうです。

環境が変わり、動きも変わり、味噌作りも梅作りも去年は出来ずにいました。
もどかしくて、今年はまたリズムを少しずつ取り戻したいところです。

白梅は瞬発力、3年以上漬けてある梅は忍耐力・持久力を与えてくれると感じてます。

白梅は瞬発力という意味で、立ち直る力、レジリエンスそのものな気がしました。

立ち直る力・レジリエンスも、忍耐力・持久力も、どちらも失いかけている現代の私達には必要な力です。

特に今の私には起き上がりこぶしのようなレジリエンスの力を必要としています。
何度打撃を与えられてもしなやかに進める力。
黒子に徹することが多いで、その場がスムーズになる為の最大の働きかけをする為にも。


白梅パワーがすごいです。
今年は青梅から作る作業が出来たらいいなと思います。

a0226637_17513953.jpg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-03-26 17:38 | | Comments(0)

足袋と紀佳さん

代々木上原のhacoさん、えみおわす展で開催していた足袋作りワークショップ。

靴下を自分で作るって冬用の編む方はイメージ出来ますが、普通の靴下を作るって感動します。
自分の足の形をまじまじと見るタイミングはなかなかないですね。

a0226637_09452345.jpg

皆んなの足袋靴下
a0226637_09454453.jpg

マーマーマガジンなどでも執筆されている魔女の石田紀佳さんのメカブ丼です。
美味しすぎます。

紀佳さんとは思わず、やっと会えた〜と思えた人。2人でぎゅーっと握手。
お味噌汁の丸干し大根が濃い味です。
a0226637_09484758.jpg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2017-03-23 09:41 | | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30