私のドゥルパドの日本の師であるshreeさんを中心に『日本ドゥルパド協会』が立ち上りました。
HPはこちらです。

その1回目の企画として、
インド、プネーより素晴らしい歌手、Pt.ウダイ・バワールカルさんが来日されます。

初来日です。
ウダイさんのイベントページはこちらからもご覧になれます。
HPからも申し込みできますが、インド雑貨店で有名なTirakitaさんからも申し込み可能です。


是非この機会をお見逃しなく!

a0226637_18161886.jpeg

a0226637_18163369.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-21 18:08 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

茜染めストール

今回は酢を入れたからか発色が良かったです。

想像以上にとても深く良い色に仕上がりました。


私の身体も酸味を欲してました。

久しぶりの茜の薬効効果なのか、その日は早々に深くぐっすり眠りました。



いつものようにお売りしております。



茜染めストール     4000円+送料


日本製オーガニックコットンガーゼ



Banyan Tree 奈々

dechiffrer_pedro@yahoo.co.jp


a0226637_15353603.jpeg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-16 15:33 | 染め物・生地・服 | Comments(0)

2020年

以前もこちらのブログに書いたかもしれません。
新潟の海沿いに隆起した山、弥彦山と角田山。
女性性と男性性の象徴でもある御神体の山です。

この春この弥彦山にちょっとした動きがありました。とある計画があります。

すでに新聞の記事にもなっているような規模になっていますが、確実に大きなうねりとなる流れの兆候です。

私はかれこれ4年間紐解き作業を行ってきた内容があります。

その内容の続きが、この弥彦山の出来事と絡み動き出しました。

私はこの内容の続きをする為に生まれてきた事を明確に感じとっていたのですが、4年間ずっと何もなかった。
ちょっとしびれを切らして、一度諦めて手から放しました。

宇宙の法則ですね。
手を放した途端に動き出しました。


本当にホッとしたし、感じでいた事はその通りで、このまま道を進んで大丈夫という確信に繋がって判子を押されて承認された感じです。

目指すは2020年。

ターニングポイントの年です。

あと2年ほど。
残された時間はそんなにないとも言えるし、やれるだけのことをします。



a0226637_23385099.jpeg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-11 23:27 | 心・魂・身体 | Comments(0)

大根干葉湯

身体を労わるシリーズ第3弾です。

お手当て法の1つ、大根干葉湯。

足湯、腰湯が良いのは足に毛細血管が集まり、腰には内臓の毛細血管が集まっている為にその周囲を温める事は、内臓全体の働きが良くなります。

婦人科系にもよいので、中々子どもを授からない人も、この大根干葉湯で腰湯をして無事子どもを授かった人もいるぐらいです。

子宮の治癒も。

温まった後は腰周り、子宮が本当に軽くて心地よいです。

こちらもお疲れの方にとても良いお手当て法です。

a0226637_22402524.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-09 22:25 | | Comments(0)

こんにゃく湿布

身体を労わる時間のシリーズ第二弾です。

定番のこんにゃく湿布です。

こんなにこんにゃく湿布に癒された事ない、と思うほど、温かいこんにゃくは私の肝臓君、腎臓君、脾臓君などの不要物を吸い取ってくれてます。

極楽です。

無理しがちな部分をバランスしてあげたいと思います。

心が沈まらない事には何事も微細な状況を感じる事が出来ないです。

a0226637_15333108.jpeg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-08 15:19 | | Comments(0)

葛湯

1年半の東京生活は本当に激務でした。

自分の身体を労わりながら活動する事のペースは作れなかったので、春を迎えた今、全てその負担が出てきたようです。
浄化が激しいです。

心身を癒す時間を集中して与えてあげています。

そんな中で元々胃腸系が強くない私にてきめんの葛湯。
身体に入れると胃腸に染み渡る感じです。

よほど酷使してきたんだなと今さらですが。

どうしても断食が出来ない私は葛湯と小食で身体を労わっております。

葛湯は身体を温めてくれますし、胃を整え、整腸作用もあり、自律神経も安定させ、なにより血の浄化力もあります。
血流が良いことが健康の要の1つですね。


4月ですが、激しい天候が続いております。

身体のバランスを取るには難しい場合もありますが、お疲れの方は是非葛湯、おすすめです。

a0226637_15171284.jpeg


[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-07 15:05 | | Comments(0)

バラナシサリー

ゲストハウスのお兄さんに、
「近くにシルクファクトリーがあるから」と誘われていった場所。

私生地や布が好きなんて何にも言ってないんですよ!
それなのに何かを察したらしいスタッフさんは私をシルクファクトリーまで運んでくれました。
バラナシはシルクでも有名です。

すごい興奮して
「私を働かせて下さい!!」
と思わず言ってしまいました。

今後、こちらの工場との展開が楽しみです。
私サリー屋さんも手掛けてみようかな、と想像膨らみました。


おじさんが織ってます。一枚のサリーが出来上がるまで約1カ月。職人ですね。
a0226637_00262185.jpeg

柄はこれから転写される。
a0226637_00264372.jpeg

相当瞑想的に、かなり沈黙な空間で黙々とビーズ作業してました。
a0226637_00275978.jpeg

a0226637_00285575.jpeg

まだ出来上がってないし金額は決まってないけど結婚式のオーダーを受けた新郎の服。
推定50万くらいとか言ってましたよ。
どんなインド人なんだろう。
a0226637_00292545.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-04 00:22 | 染め物・生地・服 | Comments(0)

バラナシ

バラナシ、またはベナレス

言わずと知れた聖地であり、世界中から旅人がくる街。
ガンガーの川に沿って街が出来上がっています。
シバ神の象徴です。

今年からフェーズが変わり、しっかりとグルジの元でドゥルパドの修練をする為に来た街です。

バラナシ3回目にして、ようやく長期滞在するタイミングになりました。
いつも3日とかの滞在で、あっという間に去るパターンが多かったのです。

インドでも田舎ならいいのですが、やっぱり街だと臭いし汚いし、私は今後バラナシで長期滞在は出来るのだろうか?と、やや斜めから見てましたが、
なんといいますか、一言で言えば、バラナシ万歳でした。

街が私を心良く受け入れてくれて、なんだか毎日忙しい。

きっと部屋にこもって練習している日々かなぁと想像していたのですが、まるでガンガーの流れに沿うように、知り合いの輪が広がり、どんどん展開していくので素晴らしく充実した日々でした。

何より毎日毎日ガートで何かしらのコンサートが開催されていて音楽三昧です。
もちろん無料です。
素敵ですよね。
この仕組み。

音楽の勉強するにはもってこいの場所、バラナシ。

ガンガーパワー、シバパワー、すごいです。

今年の後半からのバラナシマジックが楽しみな1年の始まりとなりました。

a0226637_00375397.jpeg

a0226637_00382032.jpeg

a0226637_00385292.jpeg



[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-03 00:04 | インドの旅 | Comments(0)

2月のインド、バラナシでのこと。

すずき なお ちゃんがドゥルパド10年という節目にあたり、サンニャルジの自宅でプージャを行いました。

ちょうどドゥルパドメーラーの後だったので世界中からお弟子さんが集まっていて、その一部の人達と一緒になおちゃんを見守ってお祝いしました。

美味しいプラサードをいただきました。

若くしてドゥルパドの道に入って研鑽を積んでいるなおちゃん、素晴らしいです。

a0226637_00031692.jpeg

a0226637_00040853.jpeg

[PR]
by dechiffrer_pedro | 2018-04-02 23:57 | 北インド古典音楽 | Comments(0)

every moment is special time
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30