新月の森リトリートプログラム@YOGA
開催日時  9月16(日、新月)17(月、祝日)

ナチュラルヘンプフーディスト明日香ちゃんと私、奈々のYOGAとのコラボレーション企画!
日ごろの喧騒から離れて、森の中でリラックスしませんか?
今回は新潟県阿賀野市五頭温泉郷近くの森の中でYOGAの時間をメインに、ゆったりとすごし、
ヘンプフードのピクニックランチ。近くの別荘で温泉に入り
身体の心まで血の巡りをよくして、浄化しましょう。
そのまま泊りも可能です。別荘には温泉が出るバスタブ付きです。
私も先日入らせてもらいましたが普通のお家のサイズより少し大きいぐらいのとっても解放感ある空間のお風呂です。その日はレモングラスの葉っぱで香りづけをしたお風呂タイムでした。


ざっくりとしたスケジュールとしては
16日朝10時頃集合して「いこいの森」でヨガをします。
終わってからあすかちゃんのヘンプフードによりピクニックランチ!ヘンプ初めての方はワクワクです。
その後は各々沢遊び、コーヒータイム、あとオプションで私の占いも希望で行います。
別荘に行き温泉タイム。ホッとして日ごろの疲れを癒してスッキリしたところで日帰りの方はご帰宅です。

泊まり希望の方は夕飯を「五頭のやまもと」釜めし屋さんで、別荘に戻り自由時間、就寝。
そして17日は朝YOGAからスタート!
遅めのブランチとして近くの食材を買いに出かけてみんなでブランチ作り!
お昼頃解散の流れになります。


日時 9月16日(日)、17日(祝月) 10時~翌日12時ご​ろ
参加費 日帰り¥5000 お泊り¥9000(宿泊費、夕食、朝​食込み)
場所 五頭いこいの森キャンプ場

詳細・問合せはこちらまで    奈々   dechiffrer_pedro@yahoo.co.jp

ちょうど新月ということもあり解放された心と体のシェアができるといいですね!

a0226637_15253836.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-08-27 15:25 | YOGA | Comments(0)

かるべけいこさん

先日、新潟市駅南にある自分発芽さんの「かるべけいこさんのご飯会」に参加しました。


もともと予定があったためこのお知らせはいただいていたけれども参加できず残念だな~と思っていたのですが、予定がキャンセルとなりちょうどお店のそばを通ったのでなんとなくお店を覗いてみました。

そしたら、店主の西田さんが私に気づき「今日ちょうどキャンセルが出たからご飯会いらっしゃらない?」
とお声かけくださいました。


おお~なんという巡りあわせ!これは参加しなきゃとすぐに参加。


かるべけいこさんの手料理をいただくことに。

アノニマスタジオから本も出しており(私はその時初めて手に取りました)素朴で飾らない人柄がとてもホッこりさせられました。

メニューは

梅で煮詰めた新じゃが
ズッキーニとミニトマトのレモンドレッシング
鉄火味噌と梅のおにぎり
ニラと玉ねぎの味噌汁

すべて熊本県阿蘇のご自宅の畑でとれた野菜や自家製味噌、梅。

かるべさんの人柄のエッセンスと九州、阿蘇のエッセンスを沢山いただいた感覚になりました。

阿蘇はとても気になる場所。
ここもいつか行ってみたい場所の一つです。


それにしても、「なんとなく気になる」で動いてみるのは普段何気なくみんな使っているエネルギーですが、やっぱり大事なアンテナだな~と再度感じました。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-08-05 20:50 | 日常 | Comments(0)

味噌トレード

先日こんなことしてみました。

おなじみオーサワの麦味噌
a0226637_20162011.jpg




神林村のてんぺ味噌
a0226637_20171230.jpg


お味噌の物々交換です。


最近はお金の事、時間の事よく考えます。

地域通貨、エコバンク、ドネーション、

もっとお金をスムーズに?人それぞれが本質のやりたい事、ワクワクすることをやれる環境になるために。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-08-05 20:27 | 日常 | Comments(0)

7月のYOGAスケジュール

7月に入りました。

2012年、いよいよ今年も後半です。
まだ梅雨ですがいい季節の貴重な時期を外でのYOGAに切り替えていきたいと思います。

海での朝YOGA&夕陽YOGAのスケジュール

≪朝YOGA≫
新潟市日和山海岸

7月4日 (水) 満月
7月19日 (木) 新月
朝 6:00~7:00


≪夕方の海YOGA≫
新潟市小針浜

7月11日、18日、25日  毎週水曜日
夕方 18:00~19:00


どちらの場所も

持ち物    YOGAマットorバスタオル

料金     1000円

雨天は中止です。

予約制です。前日までにご連絡ください。
dechiffrer_pedro☆yahoo.co.jp ☆マークを@に変えてメールください。
090-7014-4640

動きやすく、脱ぎ着のしやすい格好などでお越しください。


晴れる事を祈って☆☆☆

a0226637_2044558.jpg


 
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-07-31 20:43 | YOGA | Comments(0)

なんて題をつけていいのか分からず、、、長くなってしまった。。。


最近久しぶりに会った友人に

「まるで、足がないみたいだよね~」と言われてびっくり!!!!!

「え~足がない?!!!!!」

ガーンショック?いやこれは、いい事でもある?地球が確実に急激にエネルギーが変わりつつあるから。

実際は足あるのですよ。感覚のお話です。

どちらかというと、下の方のチャクラが弱いだけに、グラウンディングを超強化!超意識していたのに~!!!
しかも今年は今年です。2012年。変化の年です。
色んな事も起きていくし、起きているし、しっかりと地球と繋がっていないと吹っ飛ばされるんでは?(笑)ということから
いつもにまして?体に意識していたのです。

でも意識しすぎて、足がなくなった?


ということで最近暑さと太陽の強いエネルギーでフラフラクラクラ&眠い体の感覚を意識的にするべく?タネを蒔いて、苗を植えて数週間放置していた畑へ向かって土いじり。

大地と触れ合っていると本当に自分が復活するというか、ちゃんと生きている!っていう感覚になって自分の目に見えないエネルギーを活性化させる意味でも本当によいことですね。
自然の中にいるだけでも。


忙しすぎてしばらく放置していたその間もチラチラと畑が頭をよぎり、どんな感じになっているのか放置しずぎて本当に自然農になってしまった(T T)

で、行ったら夏の宝石達が~!!!!

かぼちゃ
a0226637_1618282.jpg

なす
a0226637_16195889.jpg

ミニトマト
a0226637_16211745.jpg

びわ
a0226637_16214554.jpg


ズッキーニちゃんもきゅうりちゃんもじゃがいもちゃんも、もうすぐ枝豆も~~~
まだまだアスパラも伸びているぞ!

ハー収穫の喜びと幸せ。


あ~野菜ちゃん達、ほったらかしにして手をかけてあげなくてごめんね!毎日とはいかなくてももっと頻繁に
見に来るからね~!

その日はナスの伸びに伸びた枝を剪定してあげました。


まだまだ自然農にはほど遠いかもしれないけど、野菜作り一年生にも満たないかもしれないけど、もっともっと理想に近づく為に野菜作りしていこうと思っています。

今さら言うまでもなく取れたての野菜のエネルギーの強さに感動です。(;;)

来年の夏はとうもろこしだな。
花より団子状態です。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-07-17 16:41 | 日常 | Comments(0)

出雲・島根

今では出雲縁結び空港と呼ばれるほど売り文句になっているようです。

a0226637_2223459.jpg


出雲では、なんだか導かれるように?
行かなきゃ!と使命感のように?気づけばかなりの神社を回りました。ものすごい勢いで。
いつものことですね、はい。


まずは『須我神社』

ヤマタノオロチを退治したスサノオ尊が稲田姫と共に訪れ
「我が心がすがすがし」と言ったことから須我神社と呼ばれています。

レンタカーで着くやいなや、ものすごい風がバン!と車にまるでぶつかるように吹きました。
すぐに竜神だ!と感じて。
早速降りて神社参り。
a0226637_0275822.jpg

a0226637_0262260.jpg

二本の大きな杉の木に守られているような神社。

名前の通りとても清々しくて本当に気持ちのよい神社でした。
あとでたまたま見た本には、この神社にはヤマタノオロチの頭が埋められているとか。
どおりで最初にすごい風が吹くはずです。
納得しました。

旅中にもう一回行きたいぐらい自分には心地良い神社でした。

この石達は、、、、、さらに奥にある森にて。夫婦岩と呼ばれるもの。
一番大きなものはスサノオ尊、次に大きなものは稲田姫、一番小さなものは子供。なんとも可愛らしく感じました。
a0226637_0283149.jpg



次に向かったのは『熊野大社』

平安時代までは出雲大社より各上だったという古社
祭神はスサノオ尊

a0226637_0294363.jpg

a0226637_0291197.jpg


大きな鳥居もあり神社特有のきらびやかさもあります。



『八重垣神社』

こちらは縁結びの神様としても有名でカップルや若い女性が沢山いらっしゃってました。
ここも祭神はスサノオ尊

拝殿裏の森には、占い用紙の上に硬貨を乗せて沈ませて願い事をする鏡の池があります。
この池で稲田姫は水に映る自分の顔を洗い整えていた事から鏡の池と呼ばれているようです。

a0226637_22474493.jpg

a0226637_22481341.jpg



本日最後の神社『神魂神社』

最初読めずに『しんこん神社』と言って、道行く学生に「しんこん神社どこですか?」って訪ねて、
「あ~!かもす神社ですね!」と言いかえられました。

神の魂と書いて「かもす」と読みます。

本当に古くて、御宮を目の前にしてなんだか圧倒されました。
しかも訪れた時間が時間なだけに(夕方)何か出てくるんじゃないかと。。。はらはら。

こちらの主祭神はイザナミノミコト、イザナギノミコトのお二方。
最初に日本を作っていった二人ですね。

きっと昔々は沢山儀式を行っていたんだろうな、と感じずにはいられない古さとパワーと歴史の重みを感じます。
どんなだったんでしょうね。タイムスリップして見てみたいな。
a0226637_22575096.jpg

a0226637_22583697.jpg


このようにお賽銭を入れお参りする拝殿の後ろはたいてい高床式の建物になっていて春に訪れたスマトラ島を思い出します。アジアはこんな感じですね。

そしてやっぱりどの神社も注連縄がでかい!!!!
だけどとても安定感がある。


次の日はいよいよ『出雲大社』

まずは龍の顔でお出迎え!おおかみの顔にも見える。
a0226637_2371530.jpg

正門
a0226637_238258.jpg

注連縄!このでかさにハマり中!
ここではお金を投げ入れ見事注連縄に挟まったらいい事あるよ~ということで、早速試して5回目にしてようやく挟まりました。
a0226637_23102520.jpg

大国主命 おおくにぬしのみこと
七福神で言うところの大黒さまです。出雲大社の主です。
a0226637_23105767.jpg


出雲大社が、というよりは出雲の地域全体が雲の上にいるようなフワフワした世界を感じました。
地域の人もみんな優しかったな~。
色々話して、教えてくれたし。
人の良さでは新潟も負けませんけどね~。同じ日本海側です。

稲佐の浜にて
旧暦の10月の神在月にはこの浜に八百万の神様達集合して、全ての人の縁を決めるとか。
私も会議を盗み聴き。

龍?キリン?がこっち向いているよう。
a0226637_2318191.jpg

気持ちの良い空と遠浅の海です。 泳ぎたかった。いつか夏こよう。
a0226637_23204664.jpg

ここにはアップしていないけど、光が差し込んでいる写真もありました。


そしてそして
a0226637_23421761.jpg

あ~出会っちゃったと思った、『日御崎神社』

ここは天照大神とスサノオ尊を祭る海沿いの神社

唯一?の朱塗りであざやかでとても印象的でした。

なにより海沿いだからか、とても気持ちが良い。居心地良かった~
a0226637_23472150.jpg


きれいな島根の海
タイミングがよければイルカの群れを見る事が出来ます。
a0226637_2358882.jpg


そしてようやく最後『須佐神社』

ここは神社ゆかりの七不思議などもあり、拝殿の奥には大きな大きな杉の木があります。
TVでも紹介されたとかで近年にぎわっているようです。パワースポットですね。

私はここ!鳥居の前に来てすごく強いエネルギーを感じました。
たぶんこのサークルのせいかな。
a0226637_014074.jpg

拝殿
a0226637_022553.jpg

a0226637_035587.jpg

大きな杉の木
a0226637_031587.jpg



神社の人とお話したら、他の神社にいくと申し訳ないけど注連縄が貧相に見えて物足りない!とおっしゃるぐらい注連縄へのこだわりは相当です。
私もこのビッグな感じ好きです。

早足に以上が今回まわった神社達。

それは昔々、古事記でイザナギノミコトとイザナミノミコトが西からグルグルと日本を作っていったとさ。
まずは淡路島、四国、隠岐島、九州、佐渡、他多数の島、、、、、、、
そんな風にその当時の国の中心を担っていた時代があるのですね。

今年は総入れ替えの年、日本の建て直し、2012年。

原発も気になる、野田さんや周辺の方々早く目覚めて~!!!!時間ないよ~!と言わずにはいられないです。

私は回った全ての神社に、全ての人が光り輝くように、まだ光に帰れない魂は全て光に還れるように、と強く願ってきました。
a0226637_022752.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-07-15 00:22 | | Comments(0)

7月14日の海と空

なんとなく海に呼ばれた気がして、帰りがけに向かったらすごい海しぶきが道路まできていました。

曇ってはいたものの、晴れているのに海が荒れている。

このようなことはあるのだろうけど、何か変。。。。。
水の神でもある竜神がいたのでしょうか。
何か必死な感じを受けました。

空では雲の隙間から夕陽が。
まるで目のような形。

a0226637_22144976.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-07-14 22:15 | 日常 | Comments(0)

夏至の海YOGA

なんとか夕方には空が見えて風も程よく気持ち良く海YOGAできました。

6月に入ってからはものすごく内面の変化、地球のエネルギーの変化に伴って静かにハイテンション。。。

本日の夏至も朝から体の底から常に熱くなっている状態が続きました。

とてもよいことでもあり、高いテンションは時に体のエネルギーが燃焼して非常に疲れもします。

しばらくぼーっとする日々が続きそうです。

このタイミングで周りの体調不良なども目に付きました。
きっと体、頭共に細胞が組みかえられているための現象でもあるかと思います。
とにかく眠くて仕方がない状態の方もいらっしゃいます。


この海YOGAを開催しようと思ったのも少し急だったのもありますが、行動に移してよかったです。

何事も有言実行なり、です。
自分がひらめいたり、思いついたり、いつかやろうと思っていた事は、今までにもましてじゃんじゃん行動に移していくべき時期なんでしょうね。地球のエネルギーと共に。


お集まりくださったみなさんありがとうございます。

太陽の光を包み込むような雲の手が現れました。
a0226637_1151176.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-23 11:52 | YOGA | Comments(0)

ようやくはっきとした龍

やっと龍を激写

6月17日の空
この日は雨と曇りにも関わらず、大きな大きな龍がたくさんいて、捉えきれないほど大きく図体が見えていた、という感じでした。
分かりにくいですがこんな雲、
a0226637_2161652.jpg


a0226637_2171340.jpg


あまりにも大きく、沢山だったため「ヤマタノオロチ雲」と命名

そしてその中でも子供の龍なのかとても小さい形の龍を発見
口を開けているかのよう

a0226637_2163871.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-20 21:09 | 日常 | Comments(0)

最近の空2

その後もなんだか不思議雲

a0226637_2113388.jpg


a0226637_2123134.jpg


a0226637_213957.jpg


a0226637_2135885.jpg


a0226637_2145713.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-20 21:04 | 日常 | Comments(0)

最近の空

日食を境にまた一段とにぎわってきている空

あっちでも、こっちでも、私がよく遭遇するのは竜神、天使、クジラ、イルカ、そのほか宇宙船雲など。

他にも例えようのない形の雲たちがいっぱい。


6月1日に入り本当に祝福されているようでゲートが完全に開かれたような虹の雲
a0226637_20544334.jpg


時空の歪みに見えた
a0226637_20555486.jpg


この虹が出る一時間前にはこんな天使が何かを追い掛けるような姿を見せてくれました。
a0226637_20572275.jpg


a0226637_210167.jpg


見れただけでもすごくハッピー☆

まだまだ続きます。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-20 21:00 | 日常 | Comments(0)

夏至の海YOGA

20日は新月、21日は夏至です。
前日の台風と共にまたまた土地の浄化が行われましたね。

きれいさっぱりな状態になったところで

6月21日 18:15~ 新潟市日和山海岸での海YOGAを行います。

海風が吹いたら寒いと思うので脱ぎ着のできる暖かい格好でお越しください。


連絡先090-7014-4640
    dechiffrer_pedro@yahoo.co.jp


2012年夏がエネルギーのピークとしてこの夏至のタイミングも本当に楽しみです。

沢山の光を降ろすべく、心と体と向き合う時間にしていきたいです。


a0226637_20473592.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-20 20:44 | YOGA | Comments(0)

ご縁あって春より始まった新潟県新発田市、忠臣蔵四十七士の一人堀部安兵衛ゆかりの地、長徳寺さんでの寺YOGA。

とても穏やかで心地よいエネルギーの場所に包まれていて、素敵な若夫婦がいらっしゃいます。


  <寺YOGA>


日時  毎月第2、第4火曜日 18:00~19:30
 
場所  長徳寺    新発田市大栄町2-7-22

持ち物  YOGAマット

動きやすい恰好でお越しください。

連絡先
dechiffrer_pedro@yahoo.co.jp
090-7014-4640


まるで寺子屋な気分です。
ご縁と繋がりに感謝です。

a0226637_11384263.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-18 11:39 | YOGA | Comments(0)

すっかり

PCが壊れたのもあり、毎日空ばかり眺めて、仕事の手も止まるほど空ばかり見ていて、すっかりブログの更新が止まってしまっていました。

書きたいことは山ほど。

今のスパイラル状に登りつめている時間軸に追いつけれてない感。


5月5日のスーパームーンから始まり

5月21日の日食でエネルギーのピーク

6月6日のヴィーナストランジットまでいっきに過ぎ去り

2012年の大きなピークを迎えていました。

大きな扉が開かれ、どうやらこれから先は本当にいままでの古い価値観のままではどうにも苦しい時期に本当に本当に入っている模様。


21日の日食の意味。
普段姿を現さない新月が太陽によって姿を現しました。
とどのつまりそれが意味することは闇はもう隠せない。
心に正直にしか生きれない。
まだまだ過去のやり方は残っている大きな転換期なので正直に生きることに摩擦が生じる場合があるけれど、共鳴の時代。自分次第でどんどん変化することでしょう。


先日、仕事での金銭授受で私は100円安く金額を伝えて間違えてしまったのですが、お客さん側は今までなら間違えても忘れているか、100円ぐらいラッキーな感じで帰っていく場合が多いのでは?と言う感じでしたが、その方はすぐに戻ってこられて100円お渡ししてなかったですよね?と届けに来てくれました。
世の中には親切な人が沢山いるな~ということではなく、つまりそういう事。そんな心境にすべての人が少しずつでもなっているのでは?とつなげたくなる出来事でした。

心を大きく開いて、もっともっとオープンにこの流れに乗って行きたいですね。

6月の環水平アークといわれる雲に虹がかかる現象。
美しい!

a0226637_1120649.jpg

a0226637_11213952.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-06-18 11:21 | 日常 | Comments(0)

最近ジャケ買いしたあまみのお塩

ほんのり甘みのある綺麗なお塩
a0226637_12563483.jpg



色んなところへ行くたびに塩はチェック!!

ある人から教えてもらったこと。

塩は海で取れるのに漢字では土がつきます。

は水は人の母と書きます。
は土からできた野菜を人は食べて血にかえると書きます。

私たちの生活排水は海に辿り着くまで一週間程度の時間が必要とされています。

私の家のそばを流れる日本一長い信濃川でも4日で海に流れてしまうそうです。

海に辿り着いて、その海からお塩をいただくことはすごい循環ですよね。
宇宙が詰まっている!!!!

と感動しました。


今のところ集まった塩達
色んなところにお塩があるから毎回買っているときりがないのですが、いつか塩屋さんをやりたいな~とやりたい事リストに加えられつつあります。
a0226637_131324100.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-05-11 13:25 | 日常 | Comments(0)

大吉日

今日は、アクシャヤ・トリティヤといわれる日です。

インドでは1年に1度の大吉日と言われています!!!

アクシャヤとはサンスクリット語で「不滅の、不朽の」という意味でこの日に始めたことは尽きることがなく繁栄する吉祥な日といわれているようです。

高価な買い物をするにはとてもいい日みたいです。

また善行を積むのにもいいようです。


さっそく何しようかな~と考えつつ、再度やりたい事を片っ端からリストアップしなおす作業をしております。
a0226637_1452958.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-24 14:05 | YOGA | Comments(0)

メッセージ

最近よくやってくるメッセージ!

自分に言い聞かせている事でもあるけれどブログでシェアしてみます。


どこからか、そのまんま聞こえてきた声なき声。

「早く早く!!急がないと!夏までにもっと浄化を強めて!もっと食べ物をに気をつかって!もっと光を感じれるように体の環境を整えて!時間はないよ!自分達が出会ったそれぞれのあらゆる方法、技術を使ってもっと自分を浄化して!!!!!

もっとオープンに!もっと高く!もっと広く!
そしてしっかりとグラウンディングをして、しっかりと地球と繋がる事!」


人それぞれ段階もペースも違うけれど、それぞれなりのバランスで。

焦るわけではないけどのんびりしてはいられない!
2011年からず~っとある感覚だけど、ここにきて2012年を超えて春、また強く感じます。

一つ一つのことにもっともっと意識を向けていきたいです。
a0226637_1328846.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-23 13:29 | 日常 | Comments(0)

ミラクル

今日も沢山のミラクルがおこりますように!!!

a0226637_9491475.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-22 09:49 | 日常 | Comments(0)

のんびりゆっくりな時間が流れるトバ湖を堪能して、次に向かったのはバンダ・アチェ。
今のところ前回のインドで起きた猿に噛まれるというハプニングはなく旅をすごしていますが、最後まで何があるか分かりません。気を引き締めつつも楽しんで。


ここバンダアチェは2004年12月26日に22万人以上の死者・行方不明者のあったスマトラ沖地震、大津波が起こったメインの場所。
かれこれ8年前になります。

何故ここに行きたかったかのはっきりとした明確な意図は特にないですが、ただ行きたかったそれだけです。
そして到着したのは3月11日。 

到着して荷物を乗っけていざアチェの街へ
a0226637_10403493.jpg


私が泊ったゲストハウス
津波で被害を受け、土台が残ったのでそのままリフォームしてあるおうち。
a0226637_13273461.jpg

お隣の建物はこんな感じ  むき出しです。
a0226637_10452664.jpg


インドネシアにきて印象に残ったのは猫。インドでは犬や牛や猿ばかり見たきがするけど。
こちらでは猫。  もちろん犬も沢山います。
宗教の違いもあるのでしょうか。
a0226637_10475055.jpg

a0226637_1331951.jpg



ゲストハウスの近くには、ドイツ人の協力で建てられたTUNAMI博物館があります。
中には津波で残ったヘリコプターの一部や街のbefore afterの様子の写真などが展示されています。

before
a0226637_13225814.jpg

after
a0226637_13232661.jpg


a0226637_10573844.jpg


日本の「平和」の文字
a0226637_1059269.jpg


スマトラ島に入ってから理由ははっきりとしませんが、常に何か重い。もしくは胸が圧迫されるようなフィーリングがずーっとありました。

そしてこのバンダアチェに来てからそのフィーリングがマックスに達しました。


街の食堂である運転手のお兄ちゃんと出会いました。 ダン君といいます。
色々話しをしていると津波の話になり、当時の状況を教えてくれました。

さらにダン君は6人家族のうち5人を津波で亡くして自分一人が残ったこと。その当時婚約していて相手は健在で津波後に結婚をして新しい家族を持ったことなどを話してくれました。

話の始終、彼の目の奥は悲しみでいっぱいでそのフィーリングが伝わってきて思わず涙がこみあげてきました。
きっと8年色々な事を乗り越えてはいるだろうけど、起きてしまった出来事はその悲しみは変わらずにある事実。
そういった感情と向き合い、付き合っていくとこは長い目で見ていく事が大事なのだなと思いました。

そしてダン君に街の名所となっている津波の色々な場所へ連れて行ってもらいました。
a0226637_13282317.jpg


バンダアチェの海岸
a0226637_11142288.jpg

ヘリコプターの残骸
a0226637_13345250.jpg

削れた病院
a0226637_11164956.jpg

a0226637_13362524.jpg

座礁した船
a0226637_1337366.jpg

家に乗り上げた船
a0226637_13372311.jpg

a0226637_1122897.jpg


行った中で当時の写真などを展示している場所がありました。

その中に津波によって服を引きはがされて亡骸となっている写真が多数展示されていて最初は直視していたけれど、すぐに気持ち悪くなり思わず吐き気をもようしてその場を立ち去りました。

それにしてもいわゆる観光客がまだまだ少ない場所なようで欧米諸国の外人さんにはあまり出会わなかった。


街の本屋さん
a0226637_11434072.jpg

街のとこやさん
a0226637_11455042.jpg

お土産屋さんで物色する観光客
a0226637_11462552.jpg

アチェ刺繍
a0226637_1342891.jpg


街のシンボル、イスラムのモスクです。インドネシアの中でもこのバンダアチェがイスラムの人達の聖地となっているようです。
a0226637_1343647.jpg


日本も神社やお寺が津波の被害を免れたように、ここアチェもモスクは無事でした。
ちゃーんと守られているのですね。

アチェにきて私なりに感じたもう一つは街全体のエネルギーが空っぽな状態にあること。ゼロな状態。
津波により人も沢山亡くなったと同時に建物も壊され最初でこそすぐには戦争が終わらなかったようだけど、少しずつ平和な暮らしに戻りつつあること。
a0226637_13393260.jpg

夜になって再びモスクを訪れてみました。
そのまま敷地に入ろうとして注意を受けました。そうです、女性は頭をかくさないといけないのですね。 
早速ストールで頭を隠してモスクへ。
a0226637_11372314.jpg

お寺の中を覗こうと、入ろうとしてまたまた注意を受ける私。
頭は隠していてもあきらかにイスラム教じゃない私。
信者以外は中に入る事お断りでした。 やはり無知でいることは怖いですね。でも無知だからこそ固定概念なくやれる場合もありますね。
a0226637_11414198.jpg

でもこのモスクを目の前にして私の胸の圧迫は最高潮に!
以前インドでハートのチャクラの寺院(正式名称忘れた)へお参りにいった時も胸がどんどん膨らんですごく満たされるようなそんな感覚になったけれど、その時とはまたちょっと違って胸がふくらむと同時にものすごい圧力を感じました。満たされているのにすごく苦しい!!!
そんな感覚。
それは宗教における戒律のせいなのか、津波が起こるまでつづいていた武力戦争をふくめた政治的抑圧なのか、単なる私のまだまだオープンでない部分がクローズアップされているのか。

それは定かではないけれど(全部かな)、こんなフィーリングは初めてでした。
そしてすごーく複雑な気分になりました。

あまりに苦しくて、咄嗟にしたことはYOGAのマントラを唱える事。
ガヤトリマントラとマハームリットゥンジャヤマントラ。
ひたすらこのマントラを唱え続けてました。

それでもその胸が圧迫されるフィーリングが圧倒的でマントラを唱える事でかろうじてを保つ事ができた感じでした。

(ここでマントラをご存じないかたへの注釈)
マントラとはインドのヴェーダやウパニシャッドの聖典で古くから伝わるものでエネルギーを音の組合せに変換させたものと考えられています。
「真言」とも言われ、「心の解放」という意味を持っています。


そして海に行った時は3.11の14:46分の日本の時間に合わせてただひたすらこのマントラを唱え続けていました。
a0226637_12432245.jpg


Om Trayambakam Yajamahe
Sugandhim Pusti Vardhanam
Urva Rukam lva Bhandhanat
Mrityor Muksiya Mamrtat


ダライラマが震災直後に10万回御経を唱えたそうですが、そんなふうにはいかないにしてもまずは自分と身の回りの人達が、さらにここスマトラの被害を受けた人達と日本で被害を受けた人たちの気持ちが少しでも穏やかに温かくなれるように祈ってみました。


このバンダアチェを訪れた事で、どんなに年数が経っても心の傷が癒えるのにはとても時間がかかること、日本も同様にまだまだこれから長期的に細く長く心のケアは必要なんだなと再認識させられました。

一見、普通の日常に戻りつつあるようにみえても、一人の人と接してフォーカスするとこうしてその感情が浮き彫りになります。
毎瞬毎瞬、今を生きる事に楽しく精一杯邁進しながらも、起こった出来事は忘れずに原点に振り返っていこうと思えました。

バンダアチェはPintu Ache (ピントゥ アチェ)とも呼ばれアチェのゲートとも呼ばれ昔からインドネシア界隈の貿易など入り口となっていた場所です。
ピントゥアチェのマークが空港でも、町でも見られます。
a0226637_13442454.jpg


日本に戻るのに再びマレーシアへのトランジット。今回3度目のマレーシア。。。。。乗り継ぎメインで使っていたけど案外一番滞在時間が長かったりして。。。。。

チャイナタウンの街角で偶然にもダンサーLATAちゃんに出会う。
すごい偶然でびっくり!

海外でこんな雑踏のなかで知り合いに会えるのは嬉しいですね。


最後までハプニングなく楽しく過ごせました。が、

飛行機で日本が初めてだというインド人のおじさんにお話ししたり暇すぎて刺し子していたのですが(はさみと針持ってたのに飛行機の中にスルーできてしまった!!忘れてた)、おじさんは刺し子の糸巻き手伝ってくれたりしてしまいには仕事賃100円ね~とかいわれながら、「You are funny girl!!」といわれる私。

インド人にfunnyと言われるのは2回目ですが、何か。。。。。
インド人にはかないませんよ~

インドの首都デリーでアンティークのお店を構えているそのおじさんと美女な妻。
a0226637_14132727.jpg

[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-05 13:17 | インドネシア・マレーシア | Comments(0)

バリから再びマレーシアへ戻りマラッカへ

今回の旅の目的の一つ、「マラッカ海峡を渡る」

マラッカの港
a0226637_22424192.jpg

a0226637_22431927.jpg

a0226637_22434686.jpg

マラッカのチャイナタウン
a0226637_22445630.jpg

a0226637_22452599.jpg

a0226637_22462097.jpg

a0226637_22465086.jpg

若い二人が結婚記念の写真を撮った帰りにそのままの衣装でお店に寄ってました。
a0226637_22473298.jpg

朝のお勤め
a0226637_2248179.jpg

オーナーのセンスを感じるゲストハウス
a0226637_9351548.jpg

a0226637_9354874.jpg

a0226637_945239.jpg

a0226637_937199.jpg

全体的にセンスのいい街、というのが印象的でとても好感のもてる街でした。
この街にもうちょっと滞在したかったな~

次の日いざマラッカ海峡を渡るフェリーへ
a0226637_944486.jpg

さようなら~マラッカ
a0226637_2253062.jpg

船の中はこんな感じで映画とか見てます。
さながら新潟から佐渡へ向かうフェリーに乗っている気分になりました。
船内は海外からの人がほとんどおらず私たちと欧米人二人組ぐらいでした。
a0226637_9393110.jpg


3時間ほどでようやくスマトラ島ドゥマイに到着
初めてのイスラム圏にいよいよ入国!
a0226637_2345572.jpg



そこから深夜バスに乗ります。
バスのおじさんに「バスに乗る前にシャワーでも浴びてすっきりしてきたらいいさ~」ということで早速浴びる事に。
アジアのトイレ事情
a0226637_23591152.jpg

基本的に水でかけ流しの為、ある意味清潔かと。
もちろん大事な部分も。紙いらずですね。

そして私がシャワーとして使ったトイレ兼バス
溜め桶の水を汲んで体を洗ってすっきりしてバスに乗り込みました。
a0226637_03181.jpg

さらに17時間、お昼頃到着。そして船で30分ほどでトバ湖を渡りサモシール島へ。
世界最大のカルデラ湖で、広さにして琵琶湖の2倍。
70年代にヒッピーたちが集った場所としても知られているようです。
そして村を散策すると時々70年代からそこに住みついたと思われるおじ様達を見かけます。

a0226637_2312038.jpg

機織りの様子
a0226637_23201935.jpg

満月の夜に地元の踊りバタックダンスに参加して楽しみました。地元の歌も踊りも地味で素朴でよかった。
a0226637_23215931.jpg


これはサロンと呼ばれる筒状になった生地を越でくるくると織り込んで巻くもの。男性も女性もみなこれです。
a0226637_9552733.jpg


次の日はようやく晴れてとても気持ちの良い日
思わず朝からこんな気分
a0226637_9411315.jpg

a0226637_23444576.jpg


a0226637_23465280.jpg

a0226637_9473128.jpg

a0226637_950076.jpg

龍の雲もお出迎え
a0226637_23485275.jpg

a0226637_23492528.jpg

船の形をしたおうちの屋根。
これは湖を崇拝するように向きが考えられているそうです。
a0226637_0212659.jpg

この辺りの地域はどちらかというとキリスト教が多いです。
a0226637_9563443.jpg


トバ湖の温泉です。
a0226637_23544719.jpg

a0226637_23562941.jpg

a0226637_9571350.jpg

a0226637_23565956.jpg



ネッシーが出てきそうな不思議な雰囲気のトバ湖。
晴れると一転して大地の木々が色鮮やかに映え渡り、雨や曇りだと光がまったくなくなるような、どこにいても当たり前のことだけれどもその差をなんだかハッキリと感じさせてくれたようでした。
[PR]
# by dechiffrer_pedro | 2012-04-01 00:06 | インドネシア・マレーシア | Comments(1)

every moment is special time
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30